休日

2014年10月02日

10/1は都民の日

10/1は都民の日、ということで東京のいつくかの施設が無料でした。
この情報をキャッチし、この恩恵を受けようとし、決めた行先は
吉祥寺自然公園です。

動物園と水生生物がいる箇所がこの日は無料ということで
閉園ギリギリ、滑り込みセーフで見てきました。

IMG_1955

吉祥寺駅から徒歩で10分くらいかな。

散歩がてら入ったんだけど、生き物ってやっぱりかわいい。
あと、不可解な行動してるのもいて、心の中でツッコミを入れてました(笑)

IMG_1948

なぜか、上に居続けるヤギ。30分くらい微動だにせず立ち続けてました。

IMG_1949

大量のモルモット。一斉にごはんを食べてるから、みんな小刻みに震えてるのがおかしかった。

IMG_1950

こちらは生後10日の赤ちゃんとお母さんモルモット。ちっちゃい。

IMG_1959

ものすごくキレイな鳥。目の覚めるような青と赤い目と、美しいトサカが特徴的でした。

IMG_1944

鳥もたくさん。オシドリとかカイツブリとかもいました。鳥好きなので、嬉しかったです

このほか、サルみたいなコウモリとか、アヒルの大合唱とか、ひたすら走り回ってるテンとか
明後日の方向向いてるオオガメとか色々いて、面白かったです。

今回はひとりでふらーっと行きました。それも楽しかったんですが、
誰かといって、楽しみを共有し合うともっと楽しかっただろうなーって感じました。

何はともあれ、いい散策でした

IMG_1956


ちなみに、10/1は「天一の日」でもあるんで、帰りに天下一品ラーメンを食べて無料券もらいました。
今回初めて、あっさり味を食べたのですが、普通過ぎてびっくりやっぱ天一はこってりなんだろうな。

IMG_1958

ひとりラーメン、ハードルが高いです!でも最近は、よいしょと超えられるようになりました。






bubba_gump at 19:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年07月27日

49年ぶりの



現在、事情あって東京で一人暮らししてます。
この前、久しぶりに京都の家へ戻りました。

連絡したい人や会いたい人、やりたいこともあったんだけど、必要最低限に止めました。
部屋の空気を入れ替えと、荷物をとりに帰る。それだけ。

しかし、京都なぜこんなに暑い・・・熱中症になるかと思ったよΣ(`□´/)/

そして、全然知らなかったんだけど、今年は祇園祭の「後祭」たるものが
49年ぶりに催されていて、たまたま散歩がてら出歩いていた時に遭遇しました。

京都の家は八坂神社から5分のところなんだけど、ちょうどここが巡行の道で。
時間帯もちょうどぴったりで本当にラッキーでした(´∀`*)

なんか、見てて感極まってしまって・・・なんでだろうね。
たくさんの人の祇園祭に対する愛情というか、頑張りというか、そんな所に心揺さぶられたのかなぁ。


IMG_1785

東山通り巡行。子供たちの順番。馬も暑いだろうに。


IMG_1792

八坂神社から一望。とにかく観光客でわんさか!海外の人多い!


IMG_1805

こちらは四条通り。どこ行っても祭りだった。通行禁止だらけ。
いや~でも、猛暑の中、歩き回るの、本当に大変だなぁと思ってしまいましたε=ε=(;´Д`)


IMG_1794

神輿は八坂神社に奉納されます。これは子供たちが担いでたものかな?


IMG_1801

八坂神社も広いんだけど、メインロードを抜けた道に入ると、神輿が置いてありました。
初めて間近で見たんだけど、こんな美しい絵が描かれていたとか驚きです。


IMG_1803

観光客のカメラマンのおっちゃんと、この職人さんらしきおっちゃんの会話を何気なく立ち聞き。

「幸い天気にも恵まれやしてね。」

「ええもんを見させてもらいました。おおきに。」

なんて会話に思わず顔がほころぶ。


IMG_1806

祇園の好きな場所の一つ。この鷺、たぶん住人。

IMG_1807

「かまってよ」というオーラ丸出しでしっぽフリフリ、ゴロゴロしてるネコちゃん。
思わず声をかけてしまったよ(笑)


ショートステイになってしまったけど、久しぶりに好きな町に帰れてよかった◎
あと、どれくらいここに住めるんだろう。
いつかは出ることになるかもしれないけど、ここ東山は本当に大好きな場所です。

bubba_gump at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年08月12日

日本の一番高い所

2012年8月4日(土) 晴天


This is the DAY!
5人の素敵な仲間と富士登山に挑みました。

前回は3年前、45人で登りました。これまた思い出深い登山だったんだけど、
あいにくの(まれにみる)悪天候のため、。残念ながら、御来光と剣ヶ峰には登れませんでした。

「御来光見てみたい」

そう思いながら、自ら腰を上げることをしてませんでしが、親しい友人の彼女が
企画&声をかけてこれたことにより、今回の登山に挑戦することができました。

彼女には本当に感謝です。

金曜の深夜から、1台の車で、大阪⇒京都⇒滋賀メンバーと合流しながら
乗り合わせで静岡まで。


DSC_0180a


これ、富士山です。見る方向によって、全然顏が違うのが面白い。
今回は「富士宮口」から挑みました。距離は最短なくせに、急斜面という強者ルート。
あのてっぺんまで行きます!

DSC_0181a

5合目から登山開始。下から見ると、すぐな感じが・・・って実際は全然遠かったですけど。
緑がほとんどなく、石や岩が多かったです。


富士登山2012 006a

男2人女4人の6人で行きました!
最初は女の子のみの方向だったんだけど、今から言えるのはやはり
男性の存在は大きかったということです。

なにせ天気がよく、眺めが最高!日焼け止めと塗り塗りしながら、
水分・エネルギー・酸素補給をしながら登ります。


途中めっちゃ割愛して(笑)

9合目の山小屋に到着!
11:00頃登りはじめの16:00頃に到着だったので、だいたい5時間。

夕飯はお決まりのカレー!


富士登山2012 016a


この眺め、なんとも言えず美しい。
この世には美しいものがたくさんあるのだと、気付かされます。
出発は深夜1:00頃を目処に、しばしの仮眠。

DSC_0188a


6人が肩を寄せ合って仮眠をとる中、吐き気を出てきて、ひとり目が覚める。
(寝られない・・・気持ち悪い。まさか、高山病じゃないよな・・・)ひとり焦る。

今更ながら「高山病」をネット検索(スマホバンザイ)。
その中に、「眠れない。吐き気(中度)。吐く(重度)」とあり、該当しまくりでさらに焦る。

人間、こういう時は祈ってしまうのですね。
神さまに祈りました。「どうか、このメンバーで登頂、そして御来光が見られますように・・・」
なんとか眠りにはつけて、起床。そして、頂上へと出発!

吐き気はおさまらず、エチケット袋をポッケにいれ、ただただ足を前に出す。
するとね、仲間のみんなが

「荷物もつわ」
「大丈夫か?」
「ステッキ2本使った方がいいで」
「ゆっくりでいいから」
「酸素あるからいくらでも吸ってね!」

と本当に気遣ってくれました。この時のみんなの優しさ、頼りがいのありよう、
一生忘れません。本当にありがとう。

そして、早朝4:00に登頂!さらに、最高峰の剣ヶ峰頂上を目指すべく登ります。
そして、ついにここへ!富士山3776mの頂上。日の出の直前。
6人で成し遂げた偉業(と言わせてもらいましょう!)
奇跡の瞬間。


DSC_0193a


そして念願の御来光。
何枚も何枚もシャッターを押してしまうほど、美しかった。
どうして、写真に残そうと思っちゃうのかね。
ただ、そこで感じるだけで、本当はいいのかもしれないね。

富士登山2012 039a


そして、御鉢めぐり(というのがあることを知りました)をして、
富士山の火口を一周まわりました。途中休憩をし、仮眠して、
徐々に体力が回復してきたのもここらへん。


富士登山2012 047a


そしてこの「影富士」を見ることができたのも感動的でした。
みんな一気にテンションあがってたよね。これはね、芸術的。
自然の成しえる技。

下山もね、ものすごーく大変でした。
空気の密度が徐々に濃くなるのはいいんだけど、足・ひざへの負担が
ハンパなく、みんな無言に・・・笑

6人全員、同じ時間と風景と思い出を共有できたこと。
無事に登頂、御来光を拝めたこと。
山と天気の神さまに感謝。


DSC_0187a

一番好きな写真。
これを見たら、顔がほころぶから。
みんないい顔してる。
今、携帯の待ち受けはこの写真です。

bubba_gump at 00:06|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年04月21日

【宣伝】フレンチレストラン『ル 二コ ア オオミナミ』@茅ヶ崎



従姉のお姉さんの旦那さんが神奈川の茅ヶ崎に
フランス料理店をオープンしました

一応、このブログでどなたかの目にとまるかもしれないので
広報させてもらいます

2012.4.11にオープンしました『ル 二コ ア オオミナミ』
HPはコチラです⇒http://le-nico-a-ominami.com/

オープン前に、親戚を中心に内輪でお披露目会がありました。
私も滋賀から帰省し、家族でいってきました

もちろん、お食事も楽しみだったんですが、
それ以上に、なかなか会えない親戚の皆さんに会えるのが
とても楽しみでした

冠婚葬祭でしか基本的には会えないことが多い中、
こういう場を提供してもらえてすごく嬉しかったです。

年賀状の写真でしか見たことがなかった従姉の子供たちやお嫁さんに
初めて会えたことがとてもよかったです

レストランの宣伝はもうお料理の写真しかないと思うので、
いただいたフルコースのラインナップを紹介します

DSC_1080



<パルメジャーのブリュレ>

DSC_1083




シャンパンに白ワイン、赤ワイン。
ふだんは基本クルマで飲めないので、ここぞとばかり昼から飲みました(笑)   

DSC_1084



<ホワイトアスパラとカニ>

DSC_1085



<人参と雲丹>

DSC_1086




<桜鯛と筍 トリュフ風味>

DSC_1090



<子羊とオリーヴ>

DSC_1095



<マスカルポーネとキャフェのクープ>

DSC_1096




<桜ブランジェ>

DSC_1098



最後にはコーヒー紅茶とパッションフルーツのマカロン

DSC_1100


どのお料理も美しくておいしかったです。
シェフの方は33歳くらいの若い男性で、すごいなぁと思いました。

もし、興味ある方はぜひ足をお運びください。
よろしくお願いします(*・ω・)ノ



久しぶりに会った親戚
いとこのお兄さんのお嫁さんのお母さん(長い)に
「はじめまして。学生さん??」と聞かれました。

「いえ、社会人です(むしろアラサーです ←心の声)」とお答えしました。
童顔ばんざい(笑)

BlogPaint

いとこのお兄ちゃんと、いとこの娘さん。
最近結婚されました。おめでとう


BlogPaint


いとこのお兄ちゃんのお嫁さん、いとこの娘さん。
初めてお会いしたんだけど、とても素敵な女性で
いいお姉さんです。もっと話したかったな


DSC_1105

同年代のいとこたち。
私は一人っ子の分、この2人は兄弟みたいな感じ
仕事の話をするようになったと思うと何かフシギ。
小っちゃいころはザリガニとスーファミの話してたのに(笑)


久しぶりの帰省も楽しかったな。
今度はまたGWに

bubba_gump at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年10月01日

感性のアンテナ-Yokohama Triennale 2011-(後半)

前回のつづき。

横浜美術館を満喫した後は、日本郵船海岸通倉庫へ。
無料シャトルバスを利用してGO

こちらは結構斬新で、なかなかおもしろかったです!
3Fまであって、各フロアを満喫しました。

yusen


ちょっと奥まったところにあります。
ここから入ります。


keyboard

タイトルわからず。

ネコもいいんだけど、何よりこのキーボードがウチにあるのと同じだということに感動(笑)
小さい頃よくこれで遊んだんだよなぁ
アートはまた、そういう「思い出」を引っ張ってきてくれるのよね。


rakuda

Rina BANERJEE “I'll get you my pretty!”

この作品はとても大きいんだけど、その一部。
ラクダさんの表情があまりにもかわいらしかったので。


enough


途中の階段に貼ってあったポスター。
ENOUGH「もう、じゅんぶんだ」
何か惹かれた。


samisinanteyoshiteyo

Rivane NEUENSCHWANDER “Prosopopeia”

おもち?ソープ?に文字がかかれていて、それを自由に並べ替えていいんです。
「参加型アート」ですね。

「さみしいなんてよしてよ」って誰かが作ってたんだけど、最高ですね。
よくぞ作ってくれました(笑)

そしてわたしはさりげなく・・・

pideko

名前を作ってみましたへへへ。



kiri

Jeppe HEIN “Smoking Bench”

よく内容がわからないまま、整理券をもらって40分待って座りました。
スタッフの方が「すぐに煙が出ますから、カメラ撮られるなら用意しておいてくださいね」
って言われたんだけど、座った瞬間にもくもく

あわてて、写真撮りましたわ。遊び心満載の作品ですね
わたしが座っているイスから煙が出てるんですよ。



まだまだ面白い作品があったんですが、写真がないの紹介やめときます。


「感性のアンテナを張る」
ってのは、一生のテーマにしたいなと思っています。

アートはぶっちゃけ、あってもなくても、生きていくことに支障はないと思います。
でも、その「スパイス」が何かに役立ったり、発想を豊かにすると思っています。

前に、瀬戸内アートの旅で出会ったお兄さんと話したんだけど、
「アートって、好きか嫌いかで見ていいと思う」ということが根本にあるんじゃないかなって。

「理解しよう」と思うと、窮屈になる。だって、いちいち解説聞かないといけないし、
メッセージばかり気にしてたら疲れちゃう。

それも大事だけど、要は自分の好みでいいと思うです。
単純に、好き、嫌い、キレイ、面白い。また、なんで?って思ったら探ったらいい。
その感情が、そしてそこから沸き起こる思考が醍醐味ではないのかってね。

今回も楽しませてもらいました。
まだ見きれてないので、明日も見に行こうと思ってます


atrie

倉庫の隣には「アキノリウム」というアトリエがあります。
アーティストの松本秋則さんがいらっしゃりました。

竹を使って、音の出る作品(楽器に近いもの)を作られてます。
調べたら、瀬戸内アートにも出典されてたみたいです!

せっかくお話できたけど、何か緊張してあまり話せませんでした
素朴な感じの方でした。お会いできただけでもよかったです。

bubba_gump at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote