journal essay

2010年10月04日

一人旅のススメ

22歳の時、初めてした一人旅。

それからわたしは知らない土地にひとりで行くようになりました。

ひとりで行くっていうと、もの凄く驚かれることがあります。
危なくない?寂しくない?恐くない?そう言われます。

そういうこともあるかもしれません。
でもそれ以上に得られるもの、心を揺さぶられるもの、感動しうることがあるから
一人旅が好きなのです。


それは人との出逢いです。


偶然とも必然とも言える確率で、お互い何も知らない人と出逢って、
時間と感動と感想を共有していけることが、わたしにとっては極上の幸せです。

10/1~10/3に瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。
そこで出逢った3人の方。ステキ過ぎる3人の方。

3つ年上のお兄さんは、1日目にわたしのおしりポケットから落ちたパンフと地図を拾ってくださったことが
きっかけで、2つ上のお兄さんは2日目の行きのフェリーで隣りに座ったことがきっかけで、
1つ上のお姉さんは3日目に同じ島を同じペースで回っていたのがきっかけで

出逢いました。

出身も住んでる場所も職業も年齢も何もかも違うのに、ここに来て、アートを楽しんでいるという
共通点だけでつながることができた関係。

おもしろいことに、名前を聞くのは最後の最後(笑)
アイデンティティは最後でいいのです。
それよりも大事なことを既に共有済みなのだから。

今回の旅で、この3人の方と何らかの形で連絡先を交換しました。
そして、近いうちに必ずまた会える気がします。

本当に今回の旅は、思いだすと胸が震えるほど温かく、素晴らしく、
それは瀬戸内のアートが原点なのは間違いないけれど、それを一緒に分かち合うことができる
人がいてくれたからだと思います。

出逢うこと選ぶために足を運んだ瀬戸内芸術祭。
感性を絶え間なく刺激してくれたアートと、
旅先で言葉を交わした人々。

その全てに感謝。

特に若いみなさん(もちろん精神的にです)に、わたしは一人旅をオススメします。
ぜひ自分で選んだ場所に自分の足で歩いて行ってみてください。




PA014413a


PA014442a


PA024517a



PA024557a


PA024578a



PA024616a


PA024609a



PA034734a


bubba_gump at 23:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年08月22日

H&Mの歴史とアフタヌーンウォーク(ウィーン旅行2日目午後)


午後2時からは知り合いの夫婦(旦那さんがオーストリアの方で奥さんは日本の方。
イワユル国際結婚のお二人です。)と5人で市内を回りました


地元の方に案内してもらうことほど、面白いことはないと思います。その方の主観が入ること間違いないけど、ガイドブックとかに載っていないものも観ることができ、とてもラッキーでした


P8103974a


まずはH&M
と言ってもショッピングではありません。「歴史」です(笑)

日本でも人気のあるファストファションブランドのH&Mですが、
実は元々高級店だったそうですw(゚o゚)w オオー!

それはこちらの写真を見てもらえばわかる通り、当時の名残が残っていました。

P8103967a 


螺旋階段に、














P8103966a

このオシャレな電球














P8103964a

極めつけはこのエレベーター!!













P8103965a

中はこんな感じです。

実際に乗らせて
もらいました










P8103973a

母と旦那さん。

















こんな感じで、かなりオシャレな店内で、見ているだけでおもしろかったです。
H&Mでは帰る前日にばっちり買い物しましたイェイ


そして次に案内してもらったのは、オークション会場(こんなとこ観光では絶対見つけられない

P8103976a
















P8103975a

















有名な(?)カフェには、写真だけとりにさりげなく入り、


P8103990a

見ているだけで、お腹いっぱいになりそう。











P8103988a


実際に作ってるところも見学OK。


お菓子の人形が置いてありました。








結構歩いたので、屋外テラスでアフタヌーンティー

ウィーンは人も情報も多いので、無意識に全神経をフル活動させてるみたいで、
休憩をしつつ歩かないと疲れちゃいます


BlogPaint

父はビール、母はココア、わたしはベイリーズコーヒー
しばしの休憩の後、さらにウォーク!!


P8104001a

ミノリーテン教会
(Minoriten
kirche)













P8114003a

















P8114006a

















P8114008a

















P8114005a


ここには、ダヴィンチの「最後の晩餐」のモザイク画があります。
フレスコ画ではなく、200年前くらいに作成されているらしいですが、とてもキレイな状態でした。

旦那さんの解説では、この後ろ窓から見える景色というは、本物のダヴィンチ画では色褪せて見えないそうなので貴重ということでした。



P8114013a



そして、ここを最後に知り合い夫婦とはお別れです。
次の日はスロバキアのブラチスラバにも一緒に来てくださることに


帰りに次の日の朝食を買いにスーパーへ。
わたし、その国のスーパーへ行くのが大好きです

P8114020a

パン。

日本のような「やわらかくてふんわり」ってはないです。

黒いパンがオーストリア・ドイツでは多いね。





P8114018a



チーズ

無類のチーズ好きのわたしにはたまりませんでした。

ブルーチーズ入りカマンベールを購入








次の日に備えて早めに就寝したウィーン2日目でした


bubba_gump at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年08月19日

街並み拝見(Wien2日目お昼)

美術館の後は、Wien Oper (Kärntner Ring)で下車をし、
リンク内の街を歩きます



P8103952a



Wienの名物料理は色々あるけど、ますはシュニッツェル(das Schnitzel)を求め、
ガイドブックに載ってるオススメレストラン(FUEHRICH)にin

お店のロゴ
↓↓↓

logo





P8103954a


店員さんの対応がよく、
料理も美味しいお店

また入りたいもん。












P8103955a


テーブルに繰り広げられる料理。

どれも美味しかった~

ここのポテトが
特に美味しかったよ。






P8103956a    

これがシュニッツェル
「ウィーン風カツレツ」。

お肉は何でもあるけど、
「仔牛」(Vealっていうの)が主流

バターライスと共に注文!







お腹満腹 午後2時に知り合い夫婦と待ち合わせのため、
待ち合わせ場所までの道を歩く


P8103957a


















P8103958a

















P8103960a

















ヨーロッパではよく見かけるパフォーマンス(?)。

まるでブロンズ像のように直立して動かないけど、道行く人が小銭を入れると、動く!というシンプルな動作なんだけど、思わず見ちゃう

こういう人たちと通りすがりに目が合ってウィンクとかされちゃうと、
ついつい1€とか準備しちゃうわたし(笑)


P8103961a

swarovskiのディスプレイに思わず立ち止まる。














P8103991a

マドンナのポスターに
これまた立ち止まる。

50代には見えない・・・
かっこいいなぁ












P8103996a

これはたまたま?
それとも確信犯??

こんなんすっごい
多かった(笑)











P8103979a

ベンツはまずはAクラスから攻めよう( ´∀`)つ

最近日本でもよく見かけるこのタイプ。













P8103881a

座ってる鳩ぽっぽが
結構いた。

何かかわいかったから、
近づいてみた。

一番手前のぽっぽは
いつでも逃げられる態勢を作った(笑)





P8103980a


店番のわんちゃん。

でも寝てる。













そんなこんなで興味あるものはバシバシ写真に収め、市内を歩く。
おもしろい街というのは、ただ歩いているだけで、楽しいんだよね

そして2時に知り合い夫婦とステファン寺院で落ち合いました


bubba_gump at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年08月17日

アートに酔いしれる(Wien旅行記2日目前半)

Wien2日目は美術史美術館Kunsthistorisches Museum, Wien)から始まりました



P8103946a




絵画がとても好きなのですが、何せ膨大な量
とてもじゃないけど数時間で全部は見られないため、見どころのみをチェック


P8103890a

















P8103941a


















ここで驚いたのは、間近まで近寄って見られることと、写真OKなこと
日本じゃ絶対にありえないからね。


P8103892a
フェルメールの
『絵画芸術』
(Vermeer
"Die Malkunst")


バシバシ写真を撮ったよ









P8103898a

アップで撮る。

このフェルメールの
「ブルー」は本当にきれい。












P8103901a

フェルメールと父。

でも、ぶれた。













何と、ここでばったり大学の後輩親子に遭遇
ウィーンで会うなんて(笑)すごい偶然。


BlogPaint


今年社会人1年目の
彼女とは3年ぶりに再会!

現在、名古屋勤務だって。
記念に一枚









P8103905a

ブリューゲルの
『バベルの塔』
(Brugel
"Tower of Babel")











P8103914a

ブリューゲル
『農家の婚礼』














P8103915a

ブリューゲル
『雪の中の狩人』














P8103921a

わんちゃんアップ。
でも、ぶれた。














P8103931a

ベラスケス
『青いドレスの
マルガリータ王女』
(Velázquez)












P8103925a

ラファエロ
『草原の聖母』
(Raffaello
"Die Madonna
im Grunen")











P8103935a

カラヴァッジオ
(Caravaggio)

タイトルはわからず













などなど、紹介するときりがないので、この辺にしておきます。
しかし、こんなに芸術を間近で堪能できるなんてとても幸せ&贅沢でした

美術好きにはたまらない場所ですね

bubba_gump at 20:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2010年08月15日

Back from AUT

オーストリアのウィーンとスロバキアのブラチスラバに
家族3人で行ってきました

8/9~8/15の中5日間。

ウィーンに家族の知り合いの方がいて、色々案内してもらえたり、宿泊も母親の知り合いの関係で落ち着いた場所に安く泊まれたりと、とても恵まれた旅になりました

社会人になっから、お盆休みは海外に行くようにしています。
イタリア(’08)、UAE(’09)に続き、オーストリア(’10)も無事に行けて、
そして日本に帰ってこられよかった!

ウィーンのイメージって、音楽、美術、お城のイメージだったんだけど、その通りでした(笑)
実は渡墺は今回で3回目なんだけど、昔の記憶はあまりなく

なので、今回の訪問でウィーンという町を改めて五感で感じできました。
色々書きたいし、写真も見て欲しいので気持ちがホットなうちに書き記しておきたいなと

まずは渡墺と帰国のご報告。
そして、到着日のダイジェスト写真です

Wien2010 005a
オーストリア航空で成田ーウィーンの直通便で行きました。


飛行機怖いけど、空の眺めはやっぱり最高だわ








Wien2010 004a


飛行時間約12時間の
長旅


もっぱら映画を観て過ごし、機内食もがっつり食べ、時差ぼけに苦しみながらも無事到着






Wien2010 006a

ウィーン空港。

知り合いの方が空港までサプライズでお迎えに来てくださりました










Wien2010 007a

切符はここで買うらしいよ。

ドイツ語はわからないから、全部英語でコミュニケーションをとりました









Wien2010 012a 
地下鉄の中。
取っ手は手動で開けます。

つり革の形が面白い。














Wien2010 026a

「トラム」という市内電車。

これを乗りこなせれば、ウィーン市内は自由に移動できます










Wien2010 025a

ファーストフード店のお兄ちゃんたち。
「写真撮って撮って(^∀^)」と言ってくれて、スマイルをくれました。



Wien2010 031a

やっぱりベンツが多い!!

わたしは将来ベンツに乗るのだ

ベンツのSLも初めて走ってるところを見かけて感動したし







Wien2010 040a

カフェも多いのが特徴的です。


メランジェ(Melange)というミルクコーヒーが主流









Wien2010 028a



町並み。ヨーロッパっぽいなぁ

こういう所の一角に今回はステイ。

貴重な体験!







女性限定だったので、母親とわたしがこちらで、父親は近くのホテルに泊まりました。

ホテルと違って落ち着いていて、「ホッとする」空間だったのが、今回の旅を楽しめた要因だったかもしれません


そんなこんなでウィーンへの旅行が始まりました。初日は午後15時頃着いたので、カフェでお茶して、リラックスして、爆睡



2日目以降はまたアップしてきます



bubba_gump at 18:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote