思うこと

2018年05月22日

「それ、誰に向けての言い訳?」


「それ、誰に向けての言い訳?」

久しぶりにガツンときた。

企画が通らないのも、筆力が弱いのも、「まだ3年目だから」という発言を
してしまったことに対する質問だった。

とっさに、「自分に対してです…」と蚊の鳴くような声で答えましたが。
そっか、自分に対し言い訳してたんだなと気づきました。

それを言われたときは、悔しいし、むかつくし。
でもそれは、図星だから思うんだね。

年齢も経験も関係ない世界にいることを思い知る。
やるか、やらないか、それだけ。

思い出すだけで、悔し涙がこみ上げてくる。
見てろよ、と心の中で叫ぶ。

現実を受け入れろ。
伸びしろしかないんだから。


 

bubba_gump at 23:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年05月01日

「うまくやり過ごす」は”ご法度”


取材する時、いつも緊張する。
「しっかりお話を聞けるか」「質問したいことが飛んでしまわないか」
「お相手の方が話すのが好きではない人だったらどうしよう…」

考えたらキリがない。

いつの間にか、その怖さを隠すために「うまくやり過ごせたら」という思いが芽生えていた。
「とりあえず取材は、無難に終われたら」
「取材者として相手に不快な思いをさせないようにすれば」
「とにかくその場を”やり過ごしたい”」…

ここに、書き手としての停滞の原因があるのではと、最近になって気づき始めました。
本質を間違っているし、こんな内向きの心意気だったら
良い取材なんてできるわけない!
弱気な自分に渇をいれる。

その臆病さを、弱さを乗り越えてこそ、次のステージに行ける気がする。
怖気るな!怯むな!取材はその場一度きり。
「やり過ごす」なんでレベルではなく、「命がけ」くらいの心意気で、ちょうどいいんだと思う。

一回一回が勝負。
試合に臨む気持ちで、自分の弱さに打ち勝ちたい。
 

bubba_gump at 10:52|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年04月28日

停滞期から、いかに脱出するか


最近ご無沙汰のブログ。久しぶりの更新です。
SNSが主流になってしまっていますが、Facebookはもう古い気がするし、Instagramは
文章を載せるに適していないし、Twitterはオープン過ぎてイヤ…
ということで、3周くらして「やっぱりブログがいいのでは」と思っています。

最近というか半年ほど前から、ある壁にぶち当たっています。
それは、「思うように文章が書けない」ということ。

今、全国誌の雑誌で取材・執筆をする環境をもらえていますが、
改めて、取材も、書くことも、難しいということを実感しています。

今までは勢いが凄まじく、タタタター!と駆け上がって来た気概がありました。
怖いもの知らずのところもあったし、何よりも「書かせてもらうこと」がうれしかった。

でも今は、その先に進んだんだと思います。
自分の実力を客観的に見て、足りないところがごまんとあることに気づき、
その克服方法を模索するもうまくいかず、怖さを知って二の足を踏むことも出てきました。

これはおそらく、良いことなんだと思います。思いますが、
自分の成長スピードがかなり遅い気がして焦ってもいます。

でも、書くこともですが、仕事において、「書く(やる)しかない」
というのがあると思います。
それが間違った方向に行っていたら良くないのですが、場数を踏むことでしか
成長は望めないと思っています。

そうやって、臆病な、弱気な自分を勇気づけている今日この頃。
この停滞期から、また大きく飛躍したいものです。


IMG_9528

先日、取材で和歌山の紀伊田辺へ。
とんぼ返りだったからまたゆっくり来たいな。

bubba_gump at 21:35|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年11月24日

読書日記『1分で仕事を片付ける技術』(鈴木進介)


出版社にいると「書評用に」や「取材用に」と
色々本を送ってもらうことが多いです。

最近、読書をさぼり、読みたい本が絶賛積読なので、
ほそぼそとこちらに記録しがてら、読み進めていきたいと思います。

『1分で仕事を片付ける技術』鈴木進介氏

こちらは献本でいただきました!ありがとうございますmm


image1 (1)

私はとても仕事のスピードが遅く…
原稿を書くのも、書けない時は本当に書けなくて苦労しています。

原稿が早く書けると、その分時間ができるから、読書もできるし、ゆっくりできるし
もっと仕事も増やせる!いいことだらけ。

これからの課題は、スピードと質の両立。

そのヒントとなったのが、仕事を「因数分解すること」でした。
はかどらない時はあるのは仕方ないけど、0のまま置いておくのではなく、
細かく仕事をわけて1でも2でも進めて「進んだ感」を高めていきたいと思いました。




bubba_gump at 01:29|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年09月18日

ツギハギの記事


「これでは聞いたことを書いているだけ。”分析”が全く入っていない」
「聞いたことを書いているだけだったら、ただの”ツギハギ”」

自分の文章力のなさに肩を落とす日が多い。
お金をもらって書くようになって、2年近く経つのに、どれだけ前に進んでいるのか
時々わからなくなる。

何が自分に足りないのか。
指摘してもらった言葉を、一個一個胸にしまう。

「何が言いたいのかわからない」
「重要なコメントの選択がずれている」

取材しているときは「面白い」と思うのに、言葉にするとその面白さが半減してしまう感覚。
悔しい。
そして、取材先に悪いと思ってしまう。

別の人の手にかかれば、面白い記事になるはずが、自分が手掛けたことで
あまり印象に残らないものになってしまうことが、何より辛い。

ただ経験を重ねれば良いという時期はもう終わったんだと思う。
次は、スキルを伸ばすための経験にしないといけない。

時間はあるようでない。少し、たるんでないか?
その時の悔しさを帳消しにすることはできないのだから、次の段階で挽回するしかない

って、言い聞かせる今日この頃。

bubba_gump at 14:24|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote