Movie

2014年09月30日

今月の本と映画(14.9月)


今日で9月も終わりですね。

2014年も残り1/4になってしまったという事実Σ(゚д゚;)

今月は良い本と映画にたくさん出会えたので、覚書としてキロク


【本】


■ 模倣犯 宮部みゆき

詳細を見る

単行本1~5巻。途中苦しくなり、読み終えるまで2か月かかりました。
作品に魅了され過ぎて、映画化した時のキャスティングを考えてしまったほど
はまりました。宮部さんの作品、見事としか言いようがないです。


■ 日本経済新聞「私の履歴書」名語録

詳細を見る

心を揺さぶるような言葉を求めて読んだのだけれども、期待してたものと違いました。
教養として、偉人の皆さんの名前と何をした人かぐらいは知っておきたいと思います。


■ 悠久の時を旅をする 星野道夫

詳細を見る

星野さんでないと撮れなかっただろう写真。
自然の中の自然、「野生」を映し出している作品。美しいです。

■ 考える技術・書く技術 バーバラ・ミント

詳細を見る

かなり読み応えがある。ただ読むというのだとギブアップしてしまうと思うため、
必要に応じて辞書的な感じで活用するのが適している本かと思います。


■ 名前のない女たち 中村敦彦

詳細を見る

読んで苦しくなるけど、これがアンダーグラウンドの現実なんだと思う。
筆者の歯に衣着せぬ言い方が特徴だと思いました。ひとりの人間としてコメントしてるため、
インタビューした相手にはキツイ言葉もあると感じたけど、こちら側の意見を代弁してると思いました。


■ 酔って言いたい夜もある 角田光代

詳細を見る

セキララ!!それが痛快。角田光代さんの作品が大好きなのだけど、これを読んでみて、
角田さんがどんな人なのか少しわかった気がする。

作家や漫画家や写真家、もしかしたら画家とかアーティストって言われてる人って、
「個性」が強いなって思う。それが良いか悪いかより、魅力なんだと思う。


■ 考える技術・書く技術 山崎康司

詳細を見る

論理的な考え方とそのアウトプット方法が具体的に書かれていて、
わかりやすいし読みやすいです。

バーバラ・ミント著の『考える技術・書く技術』は専門過ぎて読むのが
大変だったけれども、こちらは日本人向けのためか理解しやすかったです。

■ アサーショントレーニング 平木典子

詳細を見る

アサーションものすごく興味出ました。そして、もっと早いうちに出会っておきたかった!と切に思う一冊です。あー、これ自分だ…と思う箇所が何度も登場。もっと熟読して、アサーションスキル高めたいなと思いました。

■ 顔 横山秀夫

詳細を見る

「犯罪とはこういうものなのだ。直接の被害者だけでなく、思いも寄らないところにまで不幸の波紋を広げ、多くの大切になものを踏みにじる。人を泣かせ、人を傷つけ、人の一生を狂わせる。犯人は知らない。おのれが撒き散らした毒も棘も生涯知ることなく、のうのうと日々過ごすのだ。」(212)という言葉が琴線に触れました。



【映画】

■ 亡国のイージス

詳細を見る

手に汗握る展開でした。面白かったです。
個人的に吉田栄作が好きなので、その魅力を充分感じました。


■ パレード


詳細を見る

「人間の怖さ」というのがブラックユーモアに描かれていました。日常の中で、いかに一緒にいる相手の
ことを知らないか・・・知っているようで全然知らない人間の一面にゾッとする場面が結構ありました。

■ ゼロ・グラビティー

詳細を見る

映像と、サンドラ・ブロックの演技に拍手喝采。映画館で観たかった1本。


■ グランドイリュージョン





爽快!!面白かった!!「3秒でラスベガスからパリの銀行へ侵入」ということを
やり遂げるトリック。でも、あの恋愛要素はいらないだろう。あれがなかったら満点だったな。


■ ストロベリーショートケイクス

詳細を見る

ドロドロした人間の精神面を上手く表現した作品だと思いました。池脇千鶴って、
彼女しか出来ない役があるなとよく思うんだけど、今回の役も例外ではなかったです。

■ 犯人に告ぐ

詳細を見る

内容は50点。豊川悦司のかっこよさを楽しめたから70点。


■ Steve Jobs (スティーブ・ジョブス)

詳細を見る

スティーブ・ジョブスこんな人だったのか・・・普通じゃない。やっぱりあれだけのことをやり遂げる人は
ある意味、狂人なのかもと思うほどリアルに描かれていました。主演アシュトン・クッチャー見事です。

■ sicko (シッコ)

詳細を見る

アメリカの保険会社の事実を言及したドキュメンタリー。国民を殺しているようなもの
同然の制度に驚愕でした。ぜひ観てみて欲しい1本です。

■ パーシ―・ジャクソンとオリンポスの神々

詳細を見る

ストーリーはイマイチだったかな。主人公のローガン・ラーマンの青い目が綺麗でした。

■ サイドウェイズ

詳細を見る


「最短距離がベストな道のりとは限らない」という言葉いいなと思いました。
40代の人生、恋愛、選択が描かれていて、想像でしたかないけど、共感もてました。
小日向文世、生瀬勝久、鈴木京香、菊地凛子の4人の個性がとても魅力的。

■ ライ・トゥミー

詳細を見る

1話ずつ完結のため、観やすいです。人の表情に関してはあからさまな点などで
違和感を感じる点もあります。それでもストーリーはサスペンス要素&機知に富んでいるので◎

■ 人類資金

詳細を見る

全体的に「ヌルいな」と思いました。役者陣も魅力なかった…
唯一、ちょい役のオダギリジョーはユーモアが入って良かったと思いました。


■ 凶悪

詳細を見る

残虐なシーンが続き、途中ギブアップしそうになりました。「凶」がつくほどの悪を
まざまざと見せつけられました。山田孝之、リリー・フランキー、ピエール瀧の迫真の演技に拍手。

■ 震度0

詳細を見る

「真実は見えた。だが、正義がわからない」という、会見前の冬木の言葉が印象的でした。

■ ウォールフラワー

詳細を見る

今月の中で1番の作品。高校が舞台の青春ドラマ。ストーリーが一筋縄ではいかない所と、
キャストがよかった。特に主人公のローガン・ラーマンの表情は絶妙です。



bubba_gump at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年09月20日

「本棚」の紹介


突然ですが、私の「本棚」を紹介します(*・ω・)ノ

なんやねん!って言われるかもしれませんが、リンクにも貼ってる

bubbaggumpの本棚

というサイト。「ブクログ」といいます。

見ていただいてる方、ありがとうございます。

他のリンクも新たに追加したのでぜひ見てみてください。



「本棚」ですが、主に読んだ本と観た映画をキロクしています。

かれこれ5年?くらい使ってる便利ツールです。


覚書にもなるし、読書良くする人にはおススメですφ(.. )


bubba_gump at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年03月04日

映画『るろうに剣心』

kxdqg040-img600x426-1345530072ny59oi15882





感想。おもしろかった!!

中2くらいの時に、えらい流行っていた記憶があります。
漫画とアニメでは見たことがないんだけど、去年ロードショーしてる時、
CMを見て、「佐藤健、ぴったりじゃん!」って思いました。

アニメとか本とかの実写版って、配役がしっくりこないことが多いんだけど、
剣心に限っては、直感でしっくりきました。漫画、読んだことないのに(笑)

イラストでは見たことあって、そのイメージが
“華奢、美形、小柄”だったんだけど、佐藤健その通りでした。


佐藤健、「たける」くんと読みます。若手俳優です。
表情がすごく良かったです。

Wikiで調べてみたんだけど、映画ではスタントは使わず、佐藤健自身が全て
演じていたみたいです。

闘いのシーンとか、めちゃくちゃ早いんだよね!かなりアクロバティックな
演出もあったけど、すべて彼がしていたとは・・・すごいわ。

ブレイクダンスとか器械体操とかしていて、運動神経が抜群みたい。
すごいなって感心。

内容も良かったです。
原作がベースになってると思うんだけど、単純ではなく、人間ドラマで楽しめました。

監督は大河ドラマ『竜馬伝』や『ハゲタカ』の大友啓史監督。
佐藤健も『竜馬伝』に出演してて、身体能力の高さに一目置いてたそう。
そこで剣心を演じるなら彼だと思ってたんだってさ。

他の出演者も、江口洋介、香川照之、武井咲、蒼井優、吉川晃司などなど。
吉川晃司はエンドロールみて、「あ、そうだったんだ!」と思ったほどでした。


元々のファンの方はどういう感想なんかな?
漫画は全然読まないんだけど、読みたくなっちゃった。



e5ca2cfa38706bfe3ffa1d38a1db5977_cover thumb_400_01_px400



剣心の年齢設定は28歳でした。もっと若いと思ってたから驚いた!
「~でござるよ」という口調が印象的でした◎

公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/index.html




bubba_gump at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年07月08日

映画『モンスターズクラブ』

突然時間が空いたので、ふらっと映画を観に京都シネマへ。
学生の時から愛用しているこのミニシネマへは、基本的にはひとりできます。

元々観る予定がなかったのだけど、
ちょうど時間的によかった『モンスターズクラブ』に決定。


Monsters_Club_small



もともとちょとクセのある映画が好きな性分のため、ミニシネマ系は好きです。
でも、ここ最近「よくわからない映画」を好まなくなりました。

ある程度、作り手の意図がわかるくらいまでのレベルにもってきてくれれば
考えようがあるのだけど、完全に観終わって「?」となる映画、
さらに「2回目鑑賞は割引」とかあると、最初から2回以上観ろってことか?
と疑問に思うようになりました。

そして、この『モンスターズクラブ』はその類の映画。

観終わってもスッキリしない、結局どういう意味だったのかイマイチわかりませんでした。
この映画、とても「詩的」なんですよ。だからどちらかで言うと、本で読みたい作品。

映画で言葉を聞いているだけだと、いくら印象深い言葉も100%はアタマの中に
入ってこないんです。

ストーリー的には、監督の豊田利晃さんが、アメリカで実在した「ユナボマー」という
爆弾魔の実話にインスピレーションを受けて作られたもの。

社会を嫌い、憎みつつも、その社会とつながっていたい爆弾魔。
死んだ兄役の窪塚洋介が主人公の瑛太に言う、

「お前はまだ世界を愛している」

この一言がこの映画の全てだと思いました。

でも、作品批評で絶賛されてるのを見ると、私の感性の方がズレてるのかと
思ってしまいそうですが・・・

観た方いましたら、ぜひ感想聞かせてください。

o0700049911630289917


Official HP:http://monsters-club.jp/

一言:窪塚洋介。昔は嫌いだったけど、最近は逆にとても興味がある。
    食べ物の嗜好が変わるように、人物の嗜好も変わるものなのね。





bubba_gump at 02:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年08月28日

映画『ノルウェイの森』

村上春樹の世界が好きでした。
あの独特の世界観と言い回し。

それを映像で表現するとどうなるのか、未知でした。

『ノルエウィの森』
わたしが中学か高校の時、初めて村上春樹と出会った作品。
その時は全然意味がわからなかった。

大学卒業してからもう1回読んでみると、その世界観が伝わってきた。
きっと、多くのフクザツでセンサイな「経験」をしてきたからか。

でもね、やっぱり理解しがたい。
多くの「謎」、(言い換えると村上春樹のメッセージ)が存在するからかな。

きっと、村上春樹は深いところでの感情の動きを意図的に沈め、
そのごく一部を表面へ持ってきているんじゃないかな。
だから表面的だけだと作品の半分も理解できないんじゃないかと思う。

なんかいい言葉が見つからず抽象的な表現になっちゃう
 
映画では、その「謎」の存在が大きすぎで、「よくわからない」というのが
率直な感想です。映画のサイトで絶賛してるコメントを見ると
「まじで?」って思ってしまいました。 特に20歳とか若い人がそう言うと
よく理解できるな~と感心してしまいました。 


私の中の「謎」は登場人物2人の「死」それも自殺だということです。
何で?って思う。何に絶望したの?って。理解してくれる人が近くにいるのに
なぜそっちを選ぶの?それがわかりません。

そして、各登場人物のいたって「全うでない」恋愛観。
キズキと直子。直子とワタナベ。ワタナベと緑。そして永沢とハツミ。

それぞれ私からしたらちょっと変わってると思う。
それが『ノルウェイの森』の神髄なのかもしれないけどね。

img1fda62e8zik8zj

『ノルウェイの森』http://www.norway-mori.com/index.html
監督:
 トラン・アン・ユン
主演:松山ケンイチ、 菊地凛子


観られた方、また感想聞かせてくださいな。 
ちなみに、わたしのイメージのワタナベも直子も緑も永沢もみんな違うんだよな 


bubba_gump at 22:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote