2017年09月26日

アルチンボルドの均衡性

IMG_7685

友人にもらった「アルチンボルド展」。
最終日の前日に譲り受け、9月24日に滑り込んできました。上野の国立西洋美術館。

よかった!
「こんな手法があるのか」とまざまざとその絶妙なバランスが保たれている作品を見て思いました。
好きだったのは『春』かなぁ。(下の写真)。花で描かれた貴婦人の耳元に、ちゃんとピアスがかかっていたのがチャーミングでした。

IMG_7695


『ソムリエ』もユーモアがあってよかった。(下の写真)
ソムリエにまつわるもので描かれているの。

IMG_7694

あとは、鳥で描かれた『大気』。(下の写真)。鳥が好きだから見入っちゃったけど、
よくよく見るとちょっと気持ち悪い(笑)。目がたくさん。

IMG_7696


あと、こちらの『法律家』は、離れてみると普通の顔なんだけど、
よくよく見ると鼻は鳥で、口は魚。作品の説明は「明らかに本人を馬鹿にしているが、
驚くほど本人に似ていたため、宮廷で気に入られてた作品」っていう内容だったと思います(笑)

IMG_7697


グロテスクな面もありつつも、どこかしらユーモアを感じさせるアルチンボルドの作品。
見れてよかったです。

友人に感謝。

IMG_7686

ポスター見ると、ちょっと怖いのかなって思ってしまったけど、
実際行くと全く。やっぱり、本物を見るべきだよね。

bubba_gump at 01:48│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote art | 今日の出来事

コメントする

名前
URL
 
  絵文字