2017年09月03日

『ガラスの仮面展』に行って


『ガラスの仮面展』に行って来ました。小学生か中学生の時に、漫画で読んでいました。ドラマも安達祐実主演でやっていたし、けっこう思い入れのある作品でした。

美内すずえさんが作者で、16歳でデビューしてから今年で50年だとか。
そして『ガラスの仮面』まだ続いてたことに驚きました。

展覧会には、漫画の一コマやイラストが散りばめられていて、また漫画をゆっくり読みたくなっちゃった。

主人公の北島マヤは天才肌で、ライバルの姫川愛弓は秀才肌。
主人公のマヤを応援したくなるんだけど、姫川愛弓もすごいなと今日は感じました。天性の才能をもつ無名のマヤに対して、「演技」をベースに対等に闘う姿は、正々堂々としてかっこいい。

そして、なぜか、北島マヤを好きな一方で嫉妬をしてる自分もいて驚き(!)。
天性の才能って、あると思うんです。
そういう人ももちろん努力はしてるんだろうけど、もともとその素質を持っているというアドバンテージがある。

だから、素質がない人にとっては悔しさというか、嫉妬をしてしまうこともあると思うんだ。

わたしがそういう思いを過去にしてきたからっていうのもあると思う。

だから、マヤも愛弓もどっちも、どちらも人間っぽくて好きだと思いました。


どちらが「紅の天女」に相応しいかの投票があったんだけど、私はできなかったなぁ。どっちの紅の天女も見たくて、ボタン押せなかった。どっちも押したらよかったのかもしれないけどね笑


bubba_gump at 18:16│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 今日の出来事 | 思うこと

コメントする

名前
URL
 
  絵文字