2017年01月03日

年間500本の映画を観た知人おすすめの『キャロル』

新年明けましたおめでとうございます。さっそく気になっている映画を観てきました。
『キャロル』という作品です。

1年間で500本映画を観た知り合いが絶賛していたのでどんなものか好奇心が搔き立てられました。

陳腐な表現ですが、「よかった!」

ケイト・ブランシェットがもう美しすぎて…47歳だそうです。
妖艶さがたまらなく魅力的。
そして、もう一人の主人公ルーニー・マーラーの純粋さと大人になっていく様子が素晴らしく。

内容は予習せずに行ったので、「こんな感じか!」と驚きましたが、ストーリーもよかった…。
人間の繊細な内面が描かれた作品でした。

ミニシネマ好きだったことを思い出しました。
時間がないない言わずに、いい作品は観ていきたいと思った新年です。あと読書も
 

http://carol-movie.com/intro/ 





bubba_gump at 23:43│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Movie | 伝えたいこと

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字