「無理せず、頑張らず、素直に」生みの苦しみ

2016年09月28日

最近言われてうれしかった言葉

9月末で、編集部を退職する先輩記者。
とってもオシャレで、「大人」な方。

「最近は顔つきが変わって、頼もしくなってきたなと思ってたから残念なんだけど。カバー(巻頭ページ)も書いたし、今度は取材相手を睨みつけるようになるんじゃない笑」



予備校の取材に行って、広報の方に、「こういうこと言うのもなんですが、上手いですね。プロの方だから当たり前なんですが」


社会人になってから、うまくできる仕事はほとんどありませんでした。

でも、取材して、書くことは、誰に倣うでもなく、感覚的に自由に、そして思い切って、できる。

今までやってきたことはムダじゃない。ただ、「合わなかった」。自信を持ててこなかった中で、書き手としての仕事は心躍ります。


bubba_gump at 01:28│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 思うこと | 今日の出来事

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「無理せず、頑張らず、素直に」生みの苦しみ