最高の褒め言葉No.8 好きなことを仕事にする?しない? 21歳、現在モラトリアム中

2015年08月10日

福島へ行く理由

3.11のこと、福島のこと、ついこの間まで「対岸の火事」として見ていました。
当事者ではなく、オーディエンス。

放射線とか怖いから東北産地のものは買うの控えよう。
メディアも国家も、福島に関する事実を隠蔽してるんじゃないか。

そう、思ってきました。

実感が沸きませんでした。地震があった時は関西にきて実際に揺れを体験してないし、身近に福島関連の人がいるわけでもない。

そうやって、4年間、自ら福島のことを知ろうとすることをしてきませんでした。

東京に来てから1年以上が経ちました。
スーパーでは東北産地のものをよく見かけます。
それらも避けてきました。

きっかけは、ある人に出会ったことです。
身近に、福島のことを真剣に考え、発信し続けてる方たちでした。

毎日新聞の石戸諭記者と社会学者の開沼博さん。
お二人とも、同じ1984年生まれです。

2人に出会ってから、徐々に福島について関心を持ち始めました。
そして気づきたことは、「福島について何も語れない」という現実でした。

放射能は危ないらしい。
原発は稼働させない方がいい。
福島の人は今も困っている。
復興は遅れている。

これらの情報は曖昧で、信ぴょう性がないことに気づきました。

そう思った時、急に恥ずかしくなりました。
私は何の情報も得てないし、自分の意見すら持ってない…

そして、たまたま開沼さんに「福島に行きたいと思ってるんですけど、どこ行ったらいいでしょうか?」と聞いたら、
「今度、福島エクスカーションツアーしますよ。一般向けのものです」と言われました。

8/10 8時30分 新白河駅集合。
いわき、浪江、双葉など原発から20キロ圏内の場所を回るフィールドワーク。

行ける!と思い、その瞬間に参加表明をしました。

そして、8/10の今日。
最低限の知識を詰め込み、エクスカーションに臨みます。

結局、寝れなかった…
あと4時間。
このまま起きて過ごそうと思います。

bubba_gump at 04:35│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 伝えたいこと | 思うこと

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最高の褒め言葉No.8 好きなことを仕事にする?しない? 21歳、現在モラトリアム中