神さまが降りてくるとき天才肌のヤツにオススメ本を聞いてみた

2015年06月29日

天才肌のヤツ

何をもって「天才」というのかは人によって定義が違うのかもしれないけど、
「この人、天才肌だ」と思わずを得ない人に最近出会いました。

今、参加しているジャーナリストキャンプでいっしょの班になったその人は
同い年の新聞社のエンジニアです。

何かと彼の言動に腹立つことが多く、イライラすることが多いのですが(笑)
1ヵ月弱接していくうちに、どんな人なのかというのがようやく見えてきました。

エンジニアということで、まずは頭がいいです。
「話してもわからないと思うけど、」という枕詞をよく使われ、これまた
イラっとするのですが、話す内容が高度。

論理的で、目上の人にも理論で立ち向かう。
だから、「社内でも怖がられている。上司にも後輩にも」。

本人も「人の立場であまり考えないから、怖いとか冷たいとか言われる」と
自覚があるようです。

そして、言うことがごもっともな正論。
正論だからこそ、言い訳ができない。逃げる余地を与えてくれない。

そこが「冷たい」と言われる理由なんだろうなと思う。

逆に、「痛い所」をついてくるから、自分の弱さや目をつぶっているところを
掘り出される。おそらくそれが、「イラつく」原因なんだろうなって昨日感じました。

話てて、まさにその「痛い所」をたくさん指摘され(当の本人は普通に話しているだけ)
悔しかった。「そうだね」しか言えない。ごもっともだと心の中でつぶやく。

「わかってるけど、出来ないこともある」という言い訳と、「何で出来ないのか」という
自問自答をせざるを得なくなる。


新聞社に勤めてるのに記者にならないのかと聞くと、「ならない」と。
「記者は先が見えてしまう。でもエンジニアは可能性が無限で面白い」と。

かと言って、彼が最初から天才肌ではないということも知りました。
努力もしている。
「最初は怖いよ。でも“無理かも”っていう壁をどんどん乗りこえていくしかないから」
そこに人間らしさを感じた。

昨日、一番腹立ったのは「記事書いて食べていけんの?」っていう一言。
これも普通に疑問に思ったことを口に出してるだけど思う。
その裏に「本気でやってるの?気持ちが感じられないんだけど」っていう声が聞こえた。

私の中の「怖さ」を見つけられてしまった気がした。
その怖さを克服するには、彼の言うとおり、「乗り越えるしかない」のだと思う。










 

bubba_gump at 07:48│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 今日の出来事 | 思うこと

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
神さまが降りてくるとき天才肌のヤツにオススメ本を聞いてみた