宮部みゆき『ソロモンの偽証』No.3 清澄白河でゆるやかなつながりを作り、魅力を言葉で伝えたい

2015年05月05日

コピーライター岩崎俊一さん

岩崎俊一さんというコピーライターの方が好きでした。

出会ったきっかけは『SALUD』という東急線のフリーペーパーに
連載コラムが載っていたことでした。

去年まで関西にいたし、現在も小田急沿線にいるため、めったに東急線に乗りません。
なので、あまり読んでいるわけでもありませんでした。

それでも読むたびに琴線に触れる文章が書かれていて
毎回カンゲキしていたものです。


今、趣味でいろいろな人にインタビューすることをはじめ、
「取材した人リスト」を作っていた時に、岩崎俊一さんのことを思い出しました。

「もし取材させらもえるとたらどうやってアプローチしたらいいのかな」なんて考えながら
インターネットで検索していると、そこにあったのは

岩崎俊一 逝去

という言葉でした。

「え!」って固まってしまいました。「ウソでしょ?だって、この前まで生きていたのに・・・」
2014年12月20日に亡くなられていました。正式な死因はわかりませんが、
おそらくガンだったようです。長く闘病されていたみたいでした。

一度もお会いしたことないのに、まして岩崎さんの文章しか知らないのに、
涙が溢れでて大泣きしました。

悲しかったです。もう、岩崎さんの文章が読めなくなってしまうことに。
そして、この先岩崎さんにお会いできないのだという現実に。

自分でも驚いたのが、「岩崎さんにいつか会える」と思っていたことでした。

そう、私はお会いできると思っていたんです。
会いたいと願ったらそれが叶うんだと、思っていたんです。

それが突然叶わなくなってしまったことにもショックで、
さらに落ち込みました。


先月の話。
たまたま本屋さんで吉野弘さんの詩集を見つけて読んでいました。
「奈々子に」を久しぶりに読んで、じーんときてしまいました。
吉野弘さんの詩は小学校の頃から大好きで、懐かしい気持ちに浸っていた時、

作者プロフィールに"-2014年1月15日" とありました。
吉野弘さんも去年亡くなられていました。


この前知り合った編集者の方が言っていたことをその時思い出しました。

「今は水木しげるさんとお仕事したくて猛アプローチしてるところ。
もたもたしてたら水木さん死んじゃうからね。みんなも急いだ方がいいよ」

その時は「そうか・・・」くらいにしか思わなかったのに、
その言葉が今はすごく胸に響きます。こういうことを言っていたんだって。

著名人がいつまでも存在している訳ではないんだと。
そう、気づかされました。

岩崎さんも吉野さんも言葉を通して、私に多くのことを伝えてくれました。
私もいつか、そうなりたいと思いました。

IMG_2888

Amazonで買った岩崎さん本。
SALUDに連載されていた『大人の迷子たち』を書籍したものです。

中古で買ったのですが、なんと岩崎さんのサイン入りでした。(だから買ったんだけどね)
もうお会いできないけど、せめて直筆だけでも見られたことを、嬉しく思います。 

bubba_gump at 22:45│Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ちょっと聞いて欲しいこと | My favorite

この記事へのコメント

1. Posted by 俵純子   2018年10月22日 20:23
私も岩崎俊一さんと吉野弘さん
大好きでしたから、、、同じ気持ちです。
何故、いま、このブログにであったのか
びっくりしています。
精一杯私も生きようと思います。
ありがとうこざいます

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
宮部みゆき『ソロモンの偽証』No.3 清澄白河でゆるやかなつながりを作り、魅力を言葉で伝えたい