「本棚」の紹介10/1は都民の日

2014年09月30日

今月の本と映画(14.9月)


今日で9月も終わりですね。

2014年も残り1/4になってしまったという事実Σ(゚д゚;)

今月は良い本と映画にたくさん出会えたので、覚書としてキロク


【本】


■ 模倣犯 宮部みゆき

詳細を見る

単行本1~5巻。途中苦しくなり、読み終えるまで2か月かかりました。
作品に魅了され過ぎて、映画化した時のキャスティングを考えてしまったほど
はまりました。宮部さんの作品、見事としか言いようがないです。


■ 日本経済新聞「私の履歴書」名語録

詳細を見る

心を揺さぶるような言葉を求めて読んだのだけれども、期待してたものと違いました。
教養として、偉人の皆さんの名前と何をした人かぐらいは知っておきたいと思います。


■ 悠久の時を旅をする 星野道夫

詳細を見る

星野さんでないと撮れなかっただろう写真。
自然の中の自然、「野生」を映し出している作品。美しいです。

■ 考える技術・書く技術 バーバラ・ミント

詳細を見る

かなり読み応えがある。ただ読むというのだとギブアップしてしまうと思うため、
必要に応じて辞書的な感じで活用するのが適している本かと思います。


■ 名前のない女たち 中村敦彦

詳細を見る

読んで苦しくなるけど、これがアンダーグラウンドの現実なんだと思う。
筆者の歯に衣着せぬ言い方が特徴だと思いました。ひとりの人間としてコメントしてるため、
インタビューした相手にはキツイ言葉もあると感じたけど、こちら側の意見を代弁してると思いました。


■ 酔って言いたい夜もある 角田光代

詳細を見る

セキララ!!それが痛快。角田光代さんの作品が大好きなのだけど、これを読んでみて、
角田さんがどんな人なのか少しわかった気がする。

作家や漫画家や写真家、もしかしたら画家とかアーティストって言われてる人って、
「個性」が強いなって思う。それが良いか悪いかより、魅力なんだと思う。


■ 考える技術・書く技術 山崎康司

詳細を見る

論理的な考え方とそのアウトプット方法が具体的に書かれていて、
わかりやすいし読みやすいです。

バーバラ・ミント著の『考える技術・書く技術』は専門過ぎて読むのが
大変だったけれども、こちらは日本人向けのためか理解しやすかったです。

■ アサーショントレーニング 平木典子

詳細を見る

アサーションものすごく興味出ました。そして、もっと早いうちに出会っておきたかった!と切に思う一冊です。あー、これ自分だ…と思う箇所が何度も登場。もっと熟読して、アサーションスキル高めたいなと思いました。

■ 顔 横山秀夫

詳細を見る

「犯罪とはこういうものなのだ。直接の被害者だけでなく、思いも寄らないところにまで不幸の波紋を広げ、多くの大切になものを踏みにじる。人を泣かせ、人を傷つけ、人の一生を狂わせる。犯人は知らない。おのれが撒き散らした毒も棘も生涯知ることなく、のうのうと日々過ごすのだ。」(212)という言葉が琴線に触れました。



【映画】

■ 亡国のイージス

詳細を見る

手に汗握る展開でした。面白かったです。
個人的に吉田栄作が好きなので、その魅力を充分感じました。


■ パレード


詳細を見る

「人間の怖さ」というのがブラックユーモアに描かれていました。日常の中で、いかに一緒にいる相手の
ことを知らないか・・・知っているようで全然知らない人間の一面にゾッとする場面が結構ありました。

■ ゼロ・グラビティー

詳細を見る

映像と、サンドラ・ブロックの演技に拍手喝采。映画館で観たかった1本。


■ グランドイリュージョン





爽快!!面白かった!!「3秒でラスベガスからパリの銀行へ侵入」ということを
やり遂げるトリック。でも、あの恋愛要素はいらないだろう。あれがなかったら満点だったな。


■ ストロベリーショートケイクス

詳細を見る

ドロドロした人間の精神面を上手く表現した作品だと思いました。池脇千鶴って、
彼女しか出来ない役があるなとよく思うんだけど、今回の役も例外ではなかったです。

■ 犯人に告ぐ

詳細を見る

内容は50点。豊川悦司のかっこよさを楽しめたから70点。


■ Steve Jobs (スティーブ・ジョブス)

詳細を見る

スティーブ・ジョブスこんな人だったのか・・・普通じゃない。やっぱりあれだけのことをやり遂げる人は
ある意味、狂人なのかもと思うほどリアルに描かれていました。主演アシュトン・クッチャー見事です。

■ sicko (シッコ)

詳細を見る

アメリカの保険会社の事実を言及したドキュメンタリー。国民を殺しているようなもの
同然の制度に驚愕でした。ぜひ観てみて欲しい1本です。

■ パーシ―・ジャクソンとオリンポスの神々

詳細を見る

ストーリーはイマイチだったかな。主人公のローガン・ラーマンの青い目が綺麗でした。

■ サイドウェイズ

詳細を見る


「最短距離がベストな道のりとは限らない」という言葉いいなと思いました。
40代の人生、恋愛、選択が描かれていて、想像でしたかないけど、共感もてました。
小日向文世、生瀬勝久、鈴木京香、菊地凛子の4人の個性がとても魅力的。

■ ライ・トゥミー

詳細を見る

1話ずつ完結のため、観やすいです。人の表情に関してはあからさまな点などで
違和感を感じる点もあります。それでもストーリーはサスペンス要素&機知に富んでいるので◎

■ 人類資金

詳細を見る

全体的に「ヌルいな」と思いました。役者陣も魅力なかった…
唯一、ちょい役のオダギリジョーはユーモアが入って良かったと思いました。


■ 凶悪

詳細を見る

残虐なシーンが続き、途中ギブアップしそうになりました。「凶」がつくほどの悪を
まざまざと見せつけられました。山田孝之、リリー・フランキー、ピエール瀧の迫真の演技に拍手。

■ 震度0

詳細を見る

「真実は見えた。だが、正義がわからない」という、会見前の冬木の言葉が印象的でした。

■ ウォールフラワー

詳細を見る

今月の中で1番の作品。高校が舞台の青春ドラマ。ストーリーが一筋縄ではいかない所と、
キャストがよかった。特に主人公のローガン・ラーマンの表情は絶妙です。



bubba_gump at 22:34│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Movie | book

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「本棚」の紹介10/1は都民の日