憧れのブランド「本棚」の紹介

2014年09月17日

招き猫と井伊直弼の共通点


招き猫と、あの日本地図を作成したと言われている井伊直弼さんとの
共通点って何でしょう?

それは、豪徳寺(ごうとくじ)というお寺です。

豪徳寺は「招き猫発祥のお寺」であり、井伊直弼のお墓があります。
今住んでる所からとても近いので、散歩がてらに行ってきました

小田急線の「豪徳寺駅」もしくは、世田谷線の「宮の坂駅」が最寄駅です。
豪徳寺駅を降りると・・・


IMG_1881




デーンと、お迎えをしてくれるのが、招き猫。
この前、スーツのおっちゃんが、この猫をナデナデしてから改札を通って行く姿を目撃して
微笑ましいなと思いました。


そして駅から歩くこと10分強で、豪徳寺に到着。

IMG_1884

入口がどこにあるのがわからないくて、外周を結構歩きました

IMG_1883

ちゃんと刻まれてます。井伊直弼ののお墓は東京都指定史跡です。

京都のお寺とは違い、静かなのがいいです。その空間を独占できました。
平日の午後に行ったのですが、3組ほど出会いました。
やはり、訪ねてくる人がいるんだなーと実感。

IMG_1885


紅葉の木があり、秋は紅葉が綺麗なんだろうなと思いながら
墓地のあるところへ向かいます。

BlogPaint

井伊家代々のお墓があるため、どこに誰の墓石があるか書かれています。
直弼さんは赤丸のところ。13代なんですね。

そして、見つけました

IMG_1888

墓石を写真撮るのは躊躇われたので、しませんでしたが、
かなり大きい墓石で342cmと記載されています。

手を合わせてご挨拶をしました。
歴史的に有名な人がここに眠ってるんだなぁと思うと不思議な感じです。

教科書でしかその名前を見てこなかったけれど、
こうして目の前にすると親近感がわくものです。

芸能人に会ったような気分になりました


その後はお寺の中を回り、招き猫がたくさん奉られている所や
お線香などをあげて、最後は受付に販売されている「招き猫」を見に。

さっきのお墓で蚊に3か所もさされてしいまし、「デング熱・・・」とびくびくして
たのですが、受付のおばあちゃんも「パシッ!パシッ!」と肌に止まった蚊を
叩いていました(笑)

「私もさっき刺されました。デング熱じゃなければいいんですが・・」と声をかけると、

「ここの蚊は透き通ってるから大丈夫。私は毎日刺されてるけど、熱でないです
と強気な発言!!

おばあちゃんおもろいやん!と思いなんだか、その説得力(?)ある発言に
安心しました(笑)あれから5日ほど経ちますが今のところ熱は出てないです。

そして、一番ちっこい招き猫を購入。300円也。

袋に入ってて、開けてみると・・・めっちゃかわいい!!と口にしてしまったほど
可愛らしい招き猫でした。ずっと見てても見飽きない

IMG_1895



そんなこんなで、ずっと行ってみたかった豪徳寺へ行けて良かったです。
もし機会があったら、秋にも来てみたいなぁ。

ちなみに、何で招き猫発祥のお寺かというのは、ちょっと長くなるので割愛しますが・・・
面白いストーリーだったので、気が向いたら今度記事にします


おまけ

IMG_1890

帰りもプラプラして帰ったら、偶然遭遇しました。
国士舘大学ってここにあるんですね。

建物が近代的。
入ってもバレなさそうだったけど、不法侵入になったら嫌だったので
控えました(笑)



bubba_gump at 20:25│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote journal essay | 今日の出来事

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
憧れのブランド「本棚」の紹介