向こうからやってくるもの【無料レッスンヨガ】7月22日

2012年07月08日

映画『モンスターズクラブ』

突然時間が空いたので、ふらっと映画を観に京都シネマへ。
学生の時から愛用しているこのミニシネマへは、基本的にはひとりできます。

元々観る予定がなかったのだけど、
ちょうど時間的によかった『モンスターズクラブ』に決定。


Monsters_Club_small



もともとちょとクセのある映画が好きな性分のため、ミニシネマ系は好きです。
でも、ここ最近「よくわからない映画」を好まなくなりました。

ある程度、作り手の意図がわかるくらいまでのレベルにもってきてくれれば
考えようがあるのだけど、完全に観終わって「?」となる映画、
さらに「2回目鑑賞は割引」とかあると、最初から2回以上観ろってことか?
と疑問に思うようになりました。

そして、この『モンスターズクラブ』はその類の映画。

観終わってもスッキリしない、結局どういう意味だったのかイマイチわかりませんでした。
この映画、とても「詩的」なんですよ。だからどちらかで言うと、本で読みたい作品。

映画で言葉を聞いているだけだと、いくら印象深い言葉も100%はアタマの中に
入ってこないんです。

ストーリー的には、監督の豊田利晃さんが、アメリカで実在した「ユナボマー」という
爆弾魔の実話にインスピレーションを受けて作られたもの。

社会を嫌い、憎みつつも、その社会とつながっていたい爆弾魔。
死んだ兄役の窪塚洋介が主人公の瑛太に言う、

「お前はまだ世界を愛している」

この一言がこの映画の全てだと思いました。

でも、作品批評で絶賛されてるのを見ると、私の感性の方がズレてるのかと
思ってしまいそうですが・・・

観た方いましたら、ぜひ感想聞かせてください。

o0700049911630289917


Official HP:http://monsters-club.jp/

一言:窪塚洋介。昔は嫌いだったけど、最近は逆にとても興味がある。
    食べ物の嗜好が変わるように、人物の嗜好も変わるものなのね。





bubba_gump at 02:49│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Movie 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
向こうからやってくるもの【無料レッスンヨガ】7月22日