コソ練からの・・・感性のアンテナ-Yokohama Triennale 2011-(後半)

2011年09月30日

感性のアンテナ-Yokohama Triennale 2011-(前半)

自動車業界は4連休
ちょっと予定が変更になり、時間ができたので思い切って横浜に帰ってきました。

目的は『ヨコハマ リエンナーレ2011』を観るため。
お盆休みは行く元気がなかったんだけど、今回はエネルギッシュだったので思いつきで行ってきました

横浜トリエンナーレは、世界からのアーティストの作品が集結されたアートイベント。
今回のテーマは“OUR MAGIC HOUR -世界はどこまで知ることができるか?-”という
何とも素敵なタイトルの基に開催されています

開催場所は横浜みなとみらい~馬車道~黄金町付近。
今日は横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫へ行ってきました。

写真をメインで気に行った作品をご紹介
解説はガイドブックのを参照しています。


美術館

Ugo RONDINONE “moonrise. east.”

横浜美術館前。
12個(12カ月)のオブジェがお出迎え。


uekara

YIN Xiuzhen “One Sentence”
上着から下着、靴下にいたるまで、あるひとりの人の着衣をすべて糸状にほどき、
ひとつに巻き上げた作品。

上から見ると、ボタンみたいだね。中に入ると、若干目が回った(笑)



onoyoko

ONO Yoko “TELEPHONE IN MAZE”

オノ・ヨーコからの電話がランダムにかかってくる。ドキドキしたけどかかってこなかった(笑)
こういう発想がすごいなぁって思います。



lamp

Tobias REHBERGER “Anderer”

天井からつるされたランプは、ある子どもにかかわる場所につながっていて、
ついたり消えたりします。

当の子どもは何も考えずにスイッチON/OFFして、私たちはそれに反応する。
これも、すごい発想だなと感銘。



gabyou

冨井 大裕 “Gold Finger

遠くから見るとキレイ!って思って近づいてみると実はこれ、「画びょう」なんです。
ほ~っと見入ってしまいました。



colorful


Mike KELLEY “Kandor City”

これは単純にキレイでした。
スーパーマンの故郷である宇宙の空間都市「カンドール」を原作小説に書かれた
描写をもとに独自の模型を作成されたそうです。


suisho

うーん、タイトルがわかりません!
これもよかったな。水晶で、眼球の中の水晶(コチラ側)と、地球の中の水晶(ムコウ側)の
中間点に水晶を置いた、っていうような内容だったと思います。




araki


荒木 経惟 “古希ノ写真”

アラーキーの作品。アラーキー=エロっていう概念があるんだけ、
それを見事に裏切る作品にグッときました。ギャップのちから(笑)


ってな感じです。

もっと他にも紹介したいのあるんだけど、ここらへんにしときます。
3時間くらいかけてじっくり回りました。

次は、日本郵船の方の紹介をしたいと思います。
乞うご期待




bubba_gump at 22:53│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote art | 休日

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
コソ練からの・・・感性のアンテナ-Yokohama Triennale 2011-(後半)