期間限定のあそび一番の同期

2011年03月17日

3月11日

滋賀は今日雪が降って、寒い寒いって言っていた。

仕事でバタバタすることがあって、上手くできず気落ちした。

お腹いっぱいのくせに何か甘いものを欲している自分がいた。


被災者の方はどうだろうか。



身ひとつで、着るものもない。灯油もない。まして、東北は氷点下。


ささいな仕事の悩みは、一瞬にして、多くを、そして全てを失ってしまった人には
撮るに足らなすぎることだ。


お腹なんていっぱいにならないだろうし、水だって満足にないに違いない。



この差は何?



偶然、大震災が東北・関東付近で起きただけ。それが今いる関西だったって、
家族のいる首都圏だったってフシギじゃない。


たまたま東北に行ってた人。たまたま東北から離れてた人。
たまたま東北に旅行に来てた海外ツーリスト。


偶然、と片付けるにはあまりにも悲し過ぎる。


自分の現状とあまりにかけ離れていて、実感としてまだつかめない。
ただ、メディアからの映像で胸が締め付けられる。


何が自分にできるのか。それを探す。

bubba_gump at 23:42│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 思うこと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Alisa   2011年03月18日 04:52
その日の朝、いつものように起きたら、
ママ、は大丈夫 あとは連絡つかず

というメールが母から携帯に入っていて
わけがわからなくて、急いでパソコンを開きました。

東北と関東で地震があり、両親と祖母の住む仙台も大きな被害をあったことを、時差の関係で少し遅く知りました。

幸いにもその日の夜に両親や祖母と連絡がとれ、津波の被害にも逢わずに電気・ガス・水道は使えないけど、健康にいるとのことでした。

小6、中1と2年間住んだ仙台。
直接その町まで行ったことはそこまで沢山はないけれども、
女川、陸前高田、気仙沼、石巻、松島、亘理・・・
夜ご飯のたびに、母が今日はどこどこででとれたお魚なのよ!と話していたり、友達の祖父母の家があったり耳に馴染みのある地域ばかり。

福島の、原発のすぐ近くを海に沿って通る常磐線は、
大学時代、青春18切符の鈍行列車で仙台まで帰る時、何度も往復した街々。
東京から5、6時間かけながら、ゆっくり地図と景色を見て、お弁当を食べつつ帰省しました。

みんな日本で復興に向けて、必死にがんばっているのに、
なんで私はこんなに離れたところにいるんだろう。

心配で心配で、こんなにも日本を想う日々は、
2年間の留学中初めてです。

どうかどうか皆様がご無事であられますように。

今はただ祈ることしかできませんが、
何が自分にできるのか,私も探して行きたいです。

















2. Posted by ありさちゃんへ   2011年03月19日 22:10
ありさちゃんの言葉、深く胸に響きました。
語ってくれてありがとう。両親共に、ありさちゃんのコメントに深く胸を打たれました。
ご家族の方、無事で何よりだよ。

わたしもね、同じ日本にいるのに実感がわかないし、何をどうしていいかわからず歯がゆくて仕方ないの。

まして、日本を離れているありさちゃんはもっともどかしくて、切なくて、心配だよね・・

東北は思い出のたくさん詰まった場所だったんだね。ありさちゃんの言葉から、その情景が浮かび上がるわ。その光景はもう見ることが出来ないのかなぁ。。

日本は今、余震も続き、さらに原発の問題でもちきりです。心配だろうけど、ありさちゃんは自分の生活を全力で生きてね。

2年間のウィーン留学は人生の宝物だよ。被災した方もそうでない私たちも、できることは精一杯生きることだと思う。それが、すぐにできるわたしたちのできることだと思う。

まだ普及のめどはたってないし、これから被災した方の生活もどうなるかわからないけど、日本はそれでも立ち直れると思う。勤勉でまじめな国だもん。

わたしも今の仕事を全うするわ。ありさちゃんも日々の暮らしを大切に営んでくださいな。
一緒に日本の未来を願おうね。
3. Posted by Alisa   2011年03月20日 06:16
返信ありがとう。
ヒデコちゃんの日記なのに、つい自分の感情を抑えられずに書いてしまって、申し訳なかったなと思ってたの。
本当ごめんね!!

お母様からもとても暖かいメールをいただきました。

実家は、まだ水とガスが通ってないのだけど、
父は、自分たちは被災者ではないし、
できることをがんばっていると言っています。

災害などが起こったときには、
音楽なんてすぐには役には立たないかもしれないけど、
今は私もここでの暮らしを全力で過ごしていくね!
そしてあと3ヶ月後に日本に帰ったら、
何かできることがあったら、ぜひ見つけていきたいです。

日本の未来を願うこと、私もしていくね!!

ありがとう。







4. Posted by ありありへ   2011年03月22日 01:04
うぅん、素敵な感動的はコメントありがとう
すごく嬉しかったよ

ご実家は水とガスがまだ通ってないんだ
早く復旧するといいね

水も電気の食糧も空気もすべて当たり前のものとして
存在していると思ってしまうけど、そうでないってことが
皮肉にもこういう災害の時に気付かされるんだなぁ

わたし、音楽のパワーってスゴイと思うよ
ぜひありさちゃんの音で、日本を世界を明るくして欲しいものです

3か月後、また再会できるのを願ってるよ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
期間限定のあそび一番の同期