4月のレビュー(Books&Movies)ぐるめりーごーらんど

2010年05月10日

小山薫堂と森友嵐士


mixiの広告で見つけた

「カンヌ国際映画祭に小山薫堂のショートフィルムが出典」という

内容の見出しに惹かれたました。

小山薫堂さんはあの『おくりびと』の脚本家の方です。



騙されたと思って(失礼ですが)観てみてください。


森友嵐士さんもT-BOLANもほとんど知らなかったけど、

目頭が熱くなるほど感動しました。


皆さんにもぜひ観て欲しいと思います




森友嵐士さんの表情、そして14年間の年月を経た歌声、

小山薫堂さんの企画力、実行力、友への想い、

そして、人との繋がり、絆に胸を打たれました。


ニュース記事   →コチラ
森友嵐士について→コチラ



bubba_gump at 19:40│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ちょっと聞いて欲しいこと | Movie

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぐみ   2010年05月10日 22:32
いい話やね。あきらめずに挑戦する姿に勇気を貰えた人が
沢山いるんやろうね。私もその一人です☆
2. Posted by ぐみーたへ   2010年05月19日 00:36
返信遅くなってごめんね
社会人生活はどう?5月病になってないかな(笑)

うん、これ良い話だよね。活力をもらえたわ。
森友さんの声もまたステキだもんね。

こうして、音楽とか映像のメディアって
直接知らない人にも何かしらの影響を与えるのが
すごいなって思うし、憧れるんだよなぁ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
4月のレビュー(Books&Movies)ぐるめりーごーらんど