かわいらしいマトリョーシカ9月の目標達成度90%

2009年09月30日

倦怠と快楽と孤独と

こんなにも、誰かの作品に吸い込まれたのは
初めてかもしれない。うん、たぶん初めてだと思う。

フランソワ―ズ・サガン

フランスの女流作家。
18歳の時の『悲しみよ こんにちは』で注目を浴び、その後も世間の評判を集め、歴史に残る作品を生み出した。

彼女自身、派手な性格で、世間を騒がしていたそうだ。

そんな彼女が描く作品。
題名の通り、あらわすのなら倦怠・快楽・孤独、と翻訳者の朝吹登水子氏があとがきに書いていて、「その通りだ!」と共感した。

たぶん、「今」でないと、ここまでサガンの作品にはハマらなかったと思う。タイミングってとても大事だと思うんだけど、わたし自身が、今求めているもの言い方を変えると欠けている何かと、サガンの作品が見事にマッチしたんだろう。

翻訳者の朝吹氏の日本語訳も、これまた見事で、一センテンスが印象的であり、名言であり、思わず声に出して読んでしまうくらい魅力的な表現でした。

わたしが今月読んだサガンの作品は

・悲しみよ こんにちは
・一年ののち
・ある微笑
・心の青あざ
・ブラームスはお好き

の5作品なんだけど、これらの中で「25歳」の登場人物が結構出てくるのもまた、惹きつけられた要因かもしれない。

24歳でも26歳でもなく、この25歳という時間。それはまた、今の自分と同い年であり、きっと去年とか来年だったら、受ける印象ってのも違ってくるんじゃないかと感じる。

「ただの男女の情事」と批判する人もいるらしいけど、わたしは見事だと思う。短い文の中に、なぜあれほど心情表現が巧みなのか。感嘆と共に、その虚しさとか孤独とかに引っ張られて、なぜかブルーになったのも事実です(笑)だって生命力を奪い取られる感じなんだもん。

定時後帰ってサガン読んで、
朝起きてまずサガン読んで出勤して、
これほど夢中になる作品に巡り合えたのもありがたいです。

でも、サガンの作品たくさん読めない。さっきも言ったように生命力吸収されるから(笑)読みたいと逸る気持ちを落ち着かせつつ、ゆっくり、でもじっくり、そして何度も読んでいきたいと思う。

わたしは今、フランソワ―ズ・サガンに、夢中です。

6ce24a8b.jpg


今年、サガンの半生を描いた『サガン-悲しみよ こんにちは-』が
公開されました。見逃してしまったので、DVD出たら借りたいですヒヨコ

URL:http://www.sagan-movie.com/


at 23:41│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote book 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
かわいらしいマトリョーシカ9月の目標達成度90%