23:30 の電話イチキュウハチヨン

2009年05月31日

最高の褒め言葉

研究実習の報告をどういう風に書くか散々迷ったけど、
単刀直入に言うねヒヨコ

29日に行われた、研究実習発表会、
わたしは準優勝、つまり10位中2位という成績を修めました。


気持ちを一言で表すのなら、「悔しい」かな。


去年からずっと、優勝することを目指してました。
笑われるかもだけど、わたしはずっと自分が優勝することを思い描いてました。



「事務系は上位に入れないんだよ」


そう断定する同期に相槌をうちながら、「だから、何?」と心の中で思いながら。そう、製造業において、メインは技術系。審査員5人も全員技術系の方でした。


でも、違うでしょ。この研究実習の意味は「いかに自分の業務を掘り下げて研究するか」、そして「いかにプレゼンテーション能力を見つけるか」だと思う。そこに技術系か事務系か、男性か女性かなんて全く関係ないと思う。


わたしは10人の同期の中で、誰よりも研究実習に時間を費やしたし、発表練習の機会の場を与えてもらった。だから、優勝して当たり前だと思ってたんだ。


発表は、自分の中では最善を尽くせた。途中、つまったり言い間違えはしたけど、原稿と資料の流れは全て暗記し、堂々と話すことができた。それに、会場からの質問にも自分なりの言葉で答えられたし、制限時間内に発表を収めた。


あとは審査員次第だと。
順位はあくまで、形式的なもの。
終わって得たもの、感じたものが今回のわたしの半年の実績だと思ってます冠


でも結果的には準優勝だったので、グループをはじめ、生産管理室の皆さんに祝福してもらいましたウサギ最後、室長のところにお礼を言いにいったとき、


「お疲れさん。工場長が言ってたが、『順位に関係なく、一番良くやったのは女性の小野だ』とのことだ。」


滋賀工場トップの工場長からの最高の褒め言葉でした。

他にも、他の部の仲間から「ウチの部長が『小野さんが一番だった』って言ってたよ!」という連絡をもらったりと、「良く話せてたよ、早口だったけど(笑)」とかたくさんの人にお褒めの言葉を投げかけてもらいました。




これで、わたしの長かった研究実習は終わりました。
こうして、良い形で終えられたことが何よりだと思ってます。

みなさんにもたくさん応援メッセージいただいて、それがとても励みになってました、ありがとうラブ

でも、これからが『本番』だと思うので、明日からの通常業務を全力でやっていきたいと思います力こぶ

また一つ、成長しました。
みなさんに、感謝ですキラキラ

at 23:44│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 伝えたいこと 

この記事へのコメント

1. Posted by しまっち   2009年06月12日 00:24
遅くなったけど、おつかれさま{ハート}
何だかほんまに社会人として日々成長していってるよね~。素敵素敵{キラキラ}
時間ができたときに会っていっぱい話をしたいな{太陽}
2. Posted by しゅわっちへ   2009年06月16日 23:40
ありがとう{ラブ}いつも励ましのコメントありがとう。
しまっちの言葉には何度も勇気もらってるよ{キラキラ}
成長・・・してるんかな~。
でも「仕事できない子」っているレッテルを
貼られてるけど、ぶっちゃけ(笑)
でも日々精進!!
次会うときはもって素敵になってたいな{ウサギ}
夏にでも会おうさ!
今度メールするね{手紙}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
23:30 の電話イチキュウハチヨン