桜島編 『23歳と35歳の出発』桜島編 『一周という名のドラマ』

2008年02月18日

座間味島での日々

65e3cab7.jpg


旅行記と言えども、前回2つは真面目に書いてしまったので、今回は純粋にどんな感じだったかを記したいと思います!

12人で泊まったのは「島宿」であるドミトリーみたいなところ。沖縄の一軒家を宿として使っていて、とてもテンションの上がる宿でした。

e6acb7d9.jpg


c07f72ff.jpg



ペアレントさんと住み込みバイトのスタッフの人とおばぁ。みんな人の良い人で、よくしてもらいました。私たち人数多かったのに、すぐに名前と顔を覚えてくださって、今まで宿泊した人を撮ったアルバムも作っていて、とても素敵な方でした。

彼もまたかつては会社員で、それを辞めてこうして民宿をするようになったそうです。夜は一緒に飲んだり、カラオケで歌ったり笑顔「おじぃ自慢のオリオンビール」の歌、最高でした拍手

座間味ではサイクリングとホエールウォッチング、散歩、トランプ、昼寝etc・・・ゆっくりでも充実した時間を過ごしました。

29599b9f.jpg


右上に出てるのが鯨のしっぽ!しょうど今の時期に鯨がよく見えるそうです。繁殖期だから。めっちゃ波が高くで、バンバン小船は揺れたけど、鯨見れました。人生初ですキラキラ

原付レンタルで島の展望台を回ったりもしたなぁ。チャリで少し回ったけど、めっちゃしんどかったよ・・・

a2bd9262.jpg




仲の良い(?)二人組。あ、両方男ですけど(笑)ぎこちない手がおもろい。沖縄と言えども、ちょっぴり肌寒かったな。でも、原チャで走るのは気持ちよかったまる

夜は1000円で飲み放題食べ放題という奇跡に近い居酒屋で、泡盛をガンガン飲み、食べ、歌いという、楽しい時間を過ごしました。

ここに泊まったのは2日間だけだったけど、また絶対来たいと思いました。わたしともう一人の友人は他の人とは一足お先に出発し、阿嘉島と慶良間(ケラマ)島に行ってきました。ひたすらチャリこいで、話して、写真とってという感じでゆっくり島を満喫しました。

5a038361.jpg


35784ca9.jpg


右は阿嘉島の中学校。ちょうど体育の授業だったみたいです。下は慶良間空港。のどかな町でした。その後、他の仲間と合流し、再び那覇へ。

そしてわたし達は現地解散なので、わたしは単独桜島へ飛行機おととし行った弘前以来の一人旅です。

このお話はまた今度。
4日間、沖縄を満喫しました鐘



at 03:06│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote journal essay 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
桜島編 『23歳と35歳の出発』桜島編 『一周という名のドラマ』