2017年08月

2017年08月25日

偶然できたことは、実力ではない


ライターとしてスタートしてから、丸2年が経ちました。
この2年の、経験、人との出会い、取材の量、書く機会は、2年前の自分が想像つかないほど
貴重なものとなっています。

だけど、果たしてスキルはついているのだろうか?
客観的に考えて、スキルはついているはず。

なのに、不安になる。

きょうは、本当につまらない記事を書いてしまった。
取材先には申し訳ないし、読み手も楽しくないだろうし、媒体にも失礼だ。

これが実力なんだと思う。
もちろん、今までで良いと思う記事、自分でも頑張ったと思う記事はたくさん書いてきたつもり。

少し自信がついたと思うと、こうやって落とされる。
まだ不安定なんだということなんだと思う。

書くことだけじゃないけど、何事もやらないとうまくならない。
失敗して、怖くなって、守りに入ってしまったら、何も進まない。

わかっているけど、へこむ。
きょうはそういう日だったんだけど、忘れないうちにメモを。

取材というのは、聞いて集めたものを、単につなぐだけではダメ。
それではツギハギになってしまうから、つながらなくなる。

そうではなく、論を持って取材を進める。論とは書きたいもの、と言ってもいいだろう。
きっと、自分でうまくいったと思う記事はそれが自然とできていたんだと思う。

そう、この「自然と」というのがよくない。無意識に成功していたことでも、
再現性がなければ、それは実力ではなくマグレの連続。

そこが私に足りないものなんだと思う。
何が書きたいのかを明確にする。取材して書くのではなく、書くために取材する。

上司に言われて気づかされました。
今回のことはごめんなさいって思って、その分次につなげたいと思いました。




bubba_gump at 02:13|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 思うこと | 今日の出来事