2011年12月

2011年12月31日

転機の1年

今年最後の年、みなさんはいかがお過ごしですか?
そして、2011年はどんな年でしたか?

わたしは色々な意味で「転機」の年でした。


まずは仕事。

今CMでしてる「ミラ イース」の立ち上げに悪戦苦闘しながら携われたこと。

2ヶ月間、大阪に研修に行かせてもらえて多くの知識を得て、仕事に取り込む考えた方が変わったこと。

仕事が出来る同期に、仕事の進め方を教えてもらって、とてもやりやすくなったこと。

4年目にして、同じ生産管理でも違う業務を担当させてもらい全体像が見えてきたこと。

そして、部長と話す機会があり、将来を含む自分の立ち位置がわかったこと。




続いて出会い、再会。

近所でパーフェクトなヨガスタジオに出会えたこと。

会社の研修のおかげで、新しい仲間と出会えたり、久しぶりに同期の子たちや昔の寮のおっちゃんらに再会できたこと。

Facebookを通して、大学の同級生や中高の同級生、趣味仲間とつながれたこと。




そして別れ。

大好きだった人とお別れしたこと。好きでもそうしないといけないこともあるということを学んだこと。

3年いっしょにいてくれたバイクのFTRを手放したこと。

部屋の断捨離をしたこと。


ちなみに、今年得た哲学は「手放すことで入ってくるものがある」ということ。
皆さんにも抱え込んでいたい何かありませんか?それってホントに必要ですか?

それを思い切って手放すことで、また違う何か素敵なものに出会えるチャンスに
めぐり合うんじゃないかって思うようになりました。


他にもオフレコなこともあるのですが(笑)
とにかく、良い意味でもそうでない意味でも自分の中で大きな変化のあった1年でした。

もちろん、苦しいこと、辛いこともたくさんあったけど、トータルでは
輝いてた年だったんじゃないかと思います。

さて、来年はどんな年にしようかな?


今年1年、皆さんには大変お世話になりました
会う会わないに関わらず、皆さんとの縁に感謝しています。

来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは、良い年末年始をお過ごしください


ココア


おとといから、友人宅を渡り歩いてます(笑)連休中は寮のお風呂が使えなくなってるので。
今日は午後まで友人が出かけているので、家でのんびりさせてもらってます

日差しが気持ちいいので、ココア(車)の中で読書。
車のシート座り心地がいいから何時間でもいれちゃうんだよね(笑)

両親から借りている『下町ロケット』を読みふけりました。
これめっちゃ面白かったまた気が向いたら感想書きます



bubba_gump at 14:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 伝えたいこと 

2011年12月23日

3年という時間

最近、ちょっとほっこりしたことの話。

3年前(正確には3年半前かな)、入社したてのわたしは
同じ会社の人に心底惚れました。

後にも先にもこれ以上好きになる人はいないだろうと思うほどで
好きすぎた挙句、初めてか2回目か、ふたりで会った帰りに
自分の気持ちを伝えました。

今から考えると、相手に彼女がいるのかも確認せず、自分の気持ちに正直すぎて、
何してんだと恥ずかしい限りです。

相手は大人な人だったので、私の突拍子もない言動に、驚きつつも
肯定も否定もせず、でもそれが「否」だということがわかる伝え方をしてくれました。
 

とても好きな人だったので、 その後しばらくは、
それはそれは辛い時間を過ごしました。

同じ会社と言えども広いので、出くわすことはないと知りつつも
どこかで会うことをすごい怖がってました。

もし、この人が結婚するってことを知ったら、 私は一生立ち直れないだろう・・・って
思うほどでした。 


そしてつい先日、朝出勤して、配られていた社内報に
その人が載っているのを見つけました。

さらに、最近結婚されたことも聞いていたので、
考えるより先に、その人に社内メールを送っていました。

元気にしてますか?ってこと、
社内報載ってましたね!さすがですね!ってこと、
そしてご結婚おめでとうございます、ってこと。

返事はなくても仕方ない、と思いつつ期待している自分がいました。
そしてその日の定時頃に何と返信がきたのです!

連絡ありがとうってこと、
今回の社内報は家宝とします、ってこと
そして結婚は当分ないと思っていたけど変な縁で決まったということ

その人らしい雰囲気の文面で綴ってありました。

その時思ったんだよね、あーこれでもう大丈夫だって。
結婚されたことも、ものすごく嬉しく思えたんだ。
3年間、くすぶってた想いが浄化した瞬間でした。

おそらく、この人とはもう会うことはないでしょう。
でも、もし偶然出会ったとしても、スッキリしたキレイな気持ちで接すことが
できると思います。


もしかしたら最初から縁は切れてなかったのかもしれない。
ただそれが見えなかっただけ。

この3年の月日がその靄(もや)を徐々にとっぱらって
くれたんだと思います。

この年末に、このようなほっこりした気持ちを味わえたこと
とても良かったなって思います。


恋愛がらみの話はここではタブーとしてきましたが、
どうしても書いておきたかったので勇気をもって載せました(笑)
どうぞ、アホだなーって思って聞き流してください


DSC_0617 (1)




ここのとこずっと、部屋にお花を置いています。
朝目覚めて、目にするのが花だと何か嬉しくて。

今週はカーネーション。
このマーブルカラーに一目惚れしました




bubba_gump at 01:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 思うこと 

2011年12月20日

弧を描こう、いい方向に



“悪いとされることがよいことを運んでくる場合もあるし、

よいと思ったことが不幸の入場券だったりすることもあるんじゃな
いか。

不幸だ、とか、幸せだ、というのは、
線ではなくて一瞬の点でしかなくて、

その点が、
どんな線を描き出すかはだれにもわからない。”

角田光代さんの『 夜をゆく飛行機』からのコトバ。


これが、徐々に沁みわたってきてまた「表現したい」と思えるようになってので
こうしてまた書くことができるようになりました。


みなさん、ただいま。


深い深い水の底から水面に戻ってきました。まだ地上には出られないけど、
こうして空気を吸えるところまでのぼってきました。

色々な人に支えられて、助けられて、見守られて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
みなさんの存在に心から感謝します。どうもありがとう。


全ての事象は、角田さんが言うように、もしかしたら一つの点で、
それがどんな影響を自分や周りに及ぼすかっていうのはわからないのかもね。

その点から始まる弧は、自分の力でどうにかなるものとならないものがあると思う。
不可抗力は仕方ないとして、でも、自分の力でいい方向に弧を描きたいと思うようになりました。

今回の出来事で、さんざん考え、悩み、泣き、そして一つの結論にたどり着きました。
今の私には、最善を尽くした答えだと思います。これが、どうのような弧を描くかわからないけど
きっといい方向に行く、と信じようと思います。


信じるだけタダなら、思うだけ自由なら、そうします。
これが1年後、3年後、もしくは10年後、「幸せな」弧となりますように。


そして、この答を出すまでに、そして出した後も支えてくださったみなさん。
本当にありがとうございます。わたし、後悔しません。
また一歩一歩進んでいきます。
 
DSC_0607



4年ぶりに大学の英文科の同級生の友人に会いました!
そして、彼女のお父さんが育てている、それは素敵なバラをもらいました。
大輪の花、わたしの狭い部屋をちょっとステキに彩ってくれました。
どうもありがとうね 


bubba_gump at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 思うこと | 伝えたいこと