2010年02月

2010年02月14日

石井塾入門

石井さんという方に今ついています。

石井さん、本名出してすみません。でも名前を挙げずには語れないので許してください。

石井さんとは、わたしの職場のグループの方で、シニアと呼ばれる、定年を過ぎた方です。ちょうどわたしと40歳離れているので、今年66歳にならはります。

生産管理には途中入社で入られて、以後、グループリーダーを務め、トヨタさんとも対等に話ができ、課長に昇進するのを自ら断り、今や滋賀の生産管理においてなくてはならない存在、確固たる地位を築いている人です。

一言で言うと、ベテランです。

そんな人の元に今つかせてもらっています。
というか、石井さんが退職される9月までに、わたしがその代わりを務めらければいけない状況です。

66歳と言ったら、外見は(失礼ながら)「おじいちゃん」には間違いないんだけど、判断力、バランス、発言力、行動力、そして休日の過ごし方、家族との関わり方などなど、どれをとってもかっこいいんです。

石井さんの後釜になんてなれる訳ない・・・そんな不安が毎日襲ってきます。

元々、専攻は化学で、クルマの知識はほとんどなかったそう。それでも、「勉強をした」って言ってた。努力は惜しまない人です。

会議とかでも、鋭く突っ込むし、的確に質問に答えるし、いつも石井さんの背中を見て「すごいなぁ」って思ってきていました。

それでも9月までに一人立ちを、しかも、この石井さんの後を引き継がなければいけないことが怖くて仕方ありません。

いつもわかんないことがあると、「石井さん、ちょっと聞いていいですか」という質問をします。1日に何回も。そう、一人では判断する自信がないんです。その度にちゃんとわたしの質問に(愚問も含む・・・)答えてくださいます。


滋賀の生産管理に来て1年半。


ひとつ思うことは「指標」となる人物にやっと出会えた、ということです。そう、それがこの石井さんです。

同じグループにいながらも、仕事で全く関わらない人もいます。尊敬する人はたくさんいます。でも、「こうなりたい」って本気で思ったのは、石井さんが初めてです。

もちろん、職歴も、経験も、境遇も全部違うけど、他部署からの絶対の信頼を得ている石井さんは本当にかっこいい。

責任をもって、信頼を得て仕事するというのは、こんなにもかっこいいんだって心から思いました。

石井塾入門、1.5カ月。
注意を受ける毎日。
でも、石井さんみたいに「かっこよく」働きたい、そう思えるようになりました。

日々受けるアドバイスを全身で受け止めて、9月までには自信もって一人立ちできるようになりたいです。

bubba_gump at 00:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 伝えたいこと