2008年02月

2008年02月25日

『DISTANCE』それぞれの距離

bdb66bd2.jpg


1度観ただけではわからない映画っているのがある。

『DISTANCE』はそうだった。しかし、やはり2度観ても「謎」「疑問」が残る作品でもある。考えれば考えるほど、深みにはまる。そして、自分なりの解釈をした後、この「続編」を観たい、もしくは自分で作りたいって思ったほど。

あるカルト宗教団「真理の箱舟」によって行われた無差別大量殺人事件から3年後が舞台である。この事件の後、実行犯の信者は教団の手によって殺害された・・・そして毎年、加害者遺族の人々が集まり弔いに自殺したであろう場所へと赴く。

この映画の冒頭ですぐ「オウム真理教」のサリン事件と完璧にオーバーラップしたが、監督の是枝氏もやはり意識して描いたみたいです。

この映画が変わっているのは、BGMが一切ないこと、そして手持ちカメラで撮影が行われていること。

つまり、ドキュメンタリーちっくになっている+作品の中に引き込まれる、のです。以下、是枝裕和監督のHPからの引用です。

キャストに手渡された脚本はそれぞれの出演部分だけで、相手の台詞は書き込まれていない。俳優たちは物語の方向性と人物設定だけを知らされ、脚本には書き込まれていない多くの部分を彼ら自身の感性や言葉で形作っていった。

俳優たちの真剣な、時として奔放な言葉、動き、感情を受け止めたのはドキュメンタリーの名手、山崎 裕。ほぼ全編手持ちカメラで機動性を重視。一切の人工照明を排し、自然光だけで登場人物の心の動きを追っている。

音楽は全く使われておらず、観客はまるでもうひとりの旅の参加者であるように、水の音や蝉時雨、都会の騒音、そして5人の息遣いをリアルに体感することになる。家族を喪った悲しみと、身内から犯罪者を出してしまったという罪悪感。そんなやり切れない思い、心の痛みを背負った[加害者遺族]と私たちの距離は、それほど遠いものではない。暴走し、[一線]を越えてしまった彼らを生んだ社会は、私たち自身もまた、よりかかっている社会なのだから。

KORE-EDA HIROKAZU Official Websiteより


この作品の背景を知って、「すごい・・」と思いました。わたしが感じた「リアル」さというのは役者が自ら考え、発してるからだったのです。

オウム真理教と重ね合わせてしまうと、正直薄いものになってしまう気がします。その残酷さ、苦しさ、重々しさっていうのが感じ取れないから。これとは別個で、焦点をもっと絞って観ると素晴らしい作品だと思います。

キャストは、ARATA(最近気になってますヒヨコ)、伊勢谷友介、寺島進、夏川結衣、浅野忠信、りょうなど。

主人公のARATA演じる「敦」がね、何者なのかがわからないんだよな~作品の中では謎のままだから想像するしかないんだよね。

「考えさせられる」映画を求めている人にはおススメです。
★★★★☆です。

fb9abdf7.jpg


是枝監督の作品に興味をもってしまいました。


at 22:59|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Movie 

2008年02月24日

専門職か営業職

「仕事は専門職か営業職しかない!
わたしの遺言だと思ってください!」


最後のバイトの日まであと1日となりました。昨日、あるお客さんの熱弁を真剣に聞いてました。

その方は、わたしがここに来て初めていらしたお客さんでした。物知り、経験豊富、熱い、熱いお人です。

おそらくこれでお会いするのが最後になるから、メッセージをたくさん頂きました。ここに書くのがもったいないので割愛します(笑)

冒頭の言葉は常にその方が言い続けておられた言葉です。わたしはご存知の通り車業界へ就職なのですが、基本は「車を売ること」つまり、ディーラーだそうです。

えっと、わたしは親玉の方の就職なので、ディーラーは研修でしかやらないんですが・・・と言うと、「だめだ!!」と即答されてしましました笑顔汗

あっちゃ~入る前から否定だよ~と思いつつ、なぜ営業でないといけないといけないかとうことを根堀葉堀聞き、ふむ、納得しました。

「ディーラーで売り上げトップの人に聞いてごらん。」と言われた言葉。「何が突き動かしているのですか?っていうこと。」

と言われました。確かに、営業成績トップの人は何が原動力になってるか・・・ちなみにそのお客さんも営業のプロの方なんです。同じ質問をしてみると「君には教えない!」と言われてしまいました(笑)

あっちゃ~まーそうだよな~何て思いつつ、確かに疑問に思いました。営業に必要なのは「熱意」。そしたらその「熱意」はどこから来るのか??

その答えを社会人になって探そうと思いました。
説教されたことも多々ありますが、会社に入る前に大切なことを教えてくださったその方に感謝です。

もし、次お会いできるのであれば、成長した姿を見てもらいたいです。
会社で希望を出すなら・・・今色々迷ってますが、その方の言葉を信じて営業で、というか現場での仕事を希望しようか、と考えるようになりました。

「何があっても営業職は絶対なくならない!」という言葉、
しかと胸に受け止めましたよ!


at 17:10|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 今日の出来事 

2008年02月21日

にーにーとじゅんこちゃんと「まちの駅」

これで最後、旅日記。

桜島ではユースホステルに泊まりました。でも、ゲストハウスのたて看板を見つけ、ちょっと寄ってみることにしました。

270751ea.jpg



ね、いかにも「ゲストハウス」って感じでしょ(笑)ここで出会ったのがにーにーとじゅんこちゃん。
夫婦で、このゲストハウスをしていますウサギ昔からやっていると思いきや、去年から始めたばかり。だから、今も工事中でした(笑)

二人とも沖縄の人で、何とわたしが那覇で出会った人のことも知っていました!世界はやっぱ狭いのです。うん。

「夜来てもいいですか!?」って聞くと、
「おいでーさ」とじゅんこちゃん。
「沖縄で余った泡盛持ってきますね」と言うと、
満面の笑みを浮かべて、喜んだにーにー。
やっぱ沖縄の人でした笑顔

二人とも50歳くらいだけど、昔は間違いなくモテたであろうギターが好きなにーにーと、これまら美人のじゅんこちゃん。

サイクリングに行く前に寄ったので、「特製地図」を頂きました電球そして「『まちの駅』の事務局長さんに絶対会った方がいい」という言葉を真剣に捉えて、行ってきました馬

「まちの駅」
その地域のことをよく知ってもらうために設けられている休憩所なんだ。鹿児島県に色々あるみたい。地域社会の活性化を目指すNPO団体がしているのです。

入って、二言目には「事務局長さんいらっしゃいますか?」と聞いてました(笑)そしてお会いすることができ、色々興味深い話を聞くことができました。まだ若いのに、静かで、眼光が強くて、素敵な人でした。

そしてこの桜島のまちの駅は面白いことに、廃墟の旅館を一時的に使用しているのです。去年、若手のアーティストを集めた美術展を開いたそうで、それがそのまま地下に残っていて、見せて頂きました音符これがめっちゃ面白くて。

8a8c53a7.jpg

0f327537.jpg

efd83748.jpg


「桜島をアートの島としてアピールしたい。」という思いからしたそうです。鹿児島県内しか広報しなかったみたいなんですが、今後もし時間と費用があったらぜひやって欲しいです鐘


まちの駅なんて、観光地図には載ってないので、もし桜島に行く機会があったらぜひ立ち寄ってみてほしいです。


そして夜はこの事務局長さん主催の講演会にも参加させてもらい、貴重な経験ができました。その後、ゲストハウスで日付が変わるまでにーにーとじゅんkちゃん、そしてその時泊まってた人(車で島一周した人です)、そして地元の方と5人で、飲んで食べてワイワイしてました乾杯

ユースの門限は22時ごろなんだけど、ペアレントさんに無理言って、鍵を開けておいてもらいました。無愛想そうだったけど、常に命令形だったけど(笑)、話すとやさしいペアレントのおかみさん。
感謝ですヒヨコ


朝、泊まってたゲストさんも熊本に帰るということで、飛行場まで車に乗せてもらいました。出発の朝、「やっぱ別れは寂しいな~」とにーにーがポロって言ってた。たった1日の出会いなのに、また来たいと思いました。

朝、早くの出発だったんで、何とにーにーはわたしが確実に寝てると思い、ユースまで起こしに行こうとしてくれてて・・・「娘みたいなんだもん」という言葉にじ~んときました悲しい

「次はGWに!」なんて、守れるかわからない約束をして、出発しました。
新たに自分の「帰れる場所」を見つけたみたいです太陽


さてはて、長い旅日記になりましたが、とりあえず語りたいことが多くてダッシュ「桜島に何しに行くの?」って聞かれたけど、特に何って訳ではなかったんのです。「何となく行きたかった。」から。そして、こんな素敵な出会い、体験ができました。

旅は、いいです。
特に、ひとり旅ってのは出会いが多いのですきです。
読んでくれてありがとう。

おわり

5475bcbc.jpg


特別に「にーにー」とゲストハウスの中を公開。
花見の季節にはギター片手に弾き語りするんだって拍手
有料だけど(笑)


at 19:48|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote journal essay 

2008年02月20日

桜島編 『一周という名のドラマ』

桜島でしたかったこと。
それは桜島一周。チャリで。
そして達成しましたキラキラキラキラ
ながーい道のりでしたけど。

島の円周38キロ。
所要時間は3~4時間と言われていましたが、
わたしは7時間かかりました(笑)途中色々寄り道したってのもあるんだけどね。

でも、かなりアップダウンが激しかったよ~落ち込み ほとんど坂だっし。泊まってたユースで借りたマウンテンバイクが6段階式ギアというかなり優秀なものだったんで、助かりましたが。

見事日焼けしました宇宙人
夏に焼かないように気をつけたのに、冬に焼けるなんて。とほほ。

桜島は山を中心にあるので、一周するというのは、山を360度から見るということです。山の色々な表情が見れたのが面白かったなぁ。

それではチャリの旅を写真とともに紹介したいと思います!

9269a38d.jpg


これが出発したときの山。常に横は海でした。沖縄の海とは違ったけど、やっぱりキレイだったなぁ。噴火する南岳というのはちょうどこの裏です。なので、鹿児島市内からは南岳は見えませんダメ


0a4fb8f7.jpg


これが南岳です。そしてこの前にあるのが「待避所」噴火した時、身を守るためのものです。このあたりはマグマだらけでした。リアルです・・・でもあまりにも壮大で美しかったので、「噴火しないかな」何て馬鹿なことを考えてましたダッシュここまで2時間くらい。

0655218f.jpg

これすごいでしょ!「黒神神社」埋もれているのは火山灰です注意こんなに積もってるんですわ。わたしが行った10日前にも噴火したしね。ここで、知り合った人と合流。でも、相手は車でしたけど自動車二人で鳥居のてっぺんなんて滅多に触れないので、ちゃっかり触ってきました(笑)

このあと「まちの駅」という、観光地図に載ってない穴場に寄ってきました。この話も長くなるので次回にしたいと思います。


61b8aa11.jpg

これは坂を上りきった後に見えた風景。もう一人の人は車って言いましたが、チャリの方が好きなときに好きなだけその風景を見ていられるので、いいですね。ペダルを漕いだ爽快感もあるし朝日

a40d12e5.jpg


午後4時ごろ。ほんと快晴の日で。さっきは南岳(煙が出てる方)が左にあったと思いますが、ここでは右側です。ここまでくればあと4分の1でゴール!

ff3d148e.jpg


夕日が美しすぎて・・・夕方になると少々肌寒くなります。これは展望台から撮りました。

1ec38387.jpg


「茶色のローソン」どうやら全国で桜島らしいです電球 桜島の景観を壊さないようにと、規制があるみたい。京都の「紺ローソン」といっしょだねサルちょっと寄って、店員さんとおしゃべりをして出発。もうゴールは間近!暗くならないウチに帰りたい。

a5017925.jpg


ゴール拍手無事にスタート地点に戻ってきました。わたしの影です。あー、よく頑張りました。工事のおじさんたちに「おつかれさまでーす」って言われながら、途中ギアが外れた時、たまたま近くにガソリンスタンドがあって「あの~」と言って直してもらいながら、「まちの駅」でまた素敵な出会いがありながら、一周した桜島スノボー本当に深い、魅力的な島です。

「もう二度とチャリではいや」って着いた直後は思ったけど、やっぱ気持ちよかったです。桜島行ったらぜひ!でも、マウンテンバイクがいいですヨ笑顔汗





at 23:46|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote journal essay 

2008年02月18日

座間味島での日々

65e3cab7.jpg


旅行記と言えども、前回2つは真面目に書いてしまったので、今回は純粋にどんな感じだったかを記したいと思います!

12人で泊まったのは「島宿」であるドミトリーみたいなところ。沖縄の一軒家を宿として使っていて、とてもテンションの上がる宿でした。

e6acb7d9.jpg


c07f72ff.jpg



ペアレントさんと住み込みバイトのスタッフの人とおばぁ。みんな人の良い人で、よくしてもらいました。私たち人数多かったのに、すぐに名前と顔を覚えてくださって、今まで宿泊した人を撮ったアルバムも作っていて、とても素敵な方でした。

彼もまたかつては会社員で、それを辞めてこうして民宿をするようになったそうです。夜は一緒に飲んだり、カラオケで歌ったり笑顔「おじぃ自慢のオリオンビール」の歌、最高でした拍手

座間味ではサイクリングとホエールウォッチング、散歩、トランプ、昼寝etc・・・ゆっくりでも充実した時間を過ごしました。

29599b9f.jpg


右上に出てるのが鯨のしっぽ!しょうど今の時期に鯨がよく見えるそうです。繁殖期だから。めっちゃ波が高くで、バンバン小船は揺れたけど、鯨見れました。人生初ですキラキラ

原付レンタルで島の展望台を回ったりもしたなぁ。チャリで少し回ったけど、めっちゃしんどかったよ・・・

a2bd9262.jpg




仲の良い(?)二人組。あ、両方男ですけど(笑)ぎこちない手がおもろい。沖縄と言えども、ちょっぴり肌寒かったな。でも、原チャで走るのは気持ちよかったまる

夜は1000円で飲み放題食べ放題という奇跡に近い居酒屋で、泡盛をガンガン飲み、食べ、歌いという、楽しい時間を過ごしました。

ここに泊まったのは2日間だけだったけど、また絶対来たいと思いました。わたしともう一人の友人は他の人とは一足お先に出発し、阿嘉島と慶良間(ケラマ)島に行ってきました。ひたすらチャリこいで、話して、写真とってという感じでゆっくり島を満喫しました。

5a038361.jpg


35784ca9.jpg


右は阿嘉島の中学校。ちょうど体育の授業だったみたいです。下は慶良間空港。のどかな町でした。その後、他の仲間と合流し、再び那覇へ。

そしてわたし達は現地解散なので、わたしは単独桜島へ飛行機おととし行った弘前以来の一人旅です。

このお話はまた今度。
4日間、沖縄を満喫しました鐘



at 03:06|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote journal essay