2007年06月

2007年06月28日

図書館にて

図書館に行って感動した。

って、言うと変な子に思われるかもしれないけど。レポート作成にあたって、アメリカ研究室ってとこの特別な(?)図書館に今日初めて行きました本

地下にあって、降りていくと本の多さに圧倒された。地下っていう閉鎖的な雰囲気とわたし以外誰もいないがらーんとした中で、本たち、特に大きいのとか、洋書とかに囲まれて、ぞくぞくしました。

こんなたくさんの本があるんだーって単純に思う。そして一生かかっても全部なんて読みきれないんだよなーって思うと何かもったいない気がした。

世界にはこんだけ多くの作家がいて、こんだけの量が出版されてて、当たり前のことなんだけど、スゴイなと思う。

Webが流行っていて、出版(本)というのは衰退してきている。でも、こうやって何年にも渡って「形」として残っていることに意味があるのだと思います。

自分の知識教養を増やすためには、本がやっぱ一番なのかな。文学部としてもっともっと読まないとと思いつつ、全然・・・あー学生生活もあと半年。読書大切にしたいですヒヨコ

9117e575.jpg



これはフツウの図書館。
わたしには静かすぎるので、
本借りる時以外は立ち寄りません(笑)


at 23:17|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 今日の出来事 

2007年06月25日

親愛なるGuiellmo Cejaへ

夢をみた。

起きた後も鮮明に覚えているほど、嬉しくも切ない夢だった。

留学してた時の友人がでてきた。

もし、「誰でもいいから今会いたいと思う人に会わせてあげる」って

魔法使いか誰かに言われたら、

間違いなくその人の名前を挙げるだろうな。

わたしが今まで出会った中で一番美しい人。

わかってる、もう一生会えないだろうってことが。

でも、夢の中ではあの当時のままだった。

当たり前だ。だって記憶がそこで止まってるんだから。

今何してるのかなぁ。もうハタチだもんな。

結婚してるんかな。まだあの街にいるんかな。

色々考えてしまう。

そういう人たくさんいる。

あの人いま何してるんだろうっていう人。

再会できるかなんてわからない。

でも心の中でずっと行き続けてる人。

元気にしてるんかな。会いたいなぁ。






acc4f45e.jpg


at 23:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote つれづれに 

2007年06月24日

探し物は見つからぬ

探し物は何ですか
見つけ難い物ですか
カバンの中も 机の中も
探したけれど 見つからないのに
まだまだ探す気ですか~

っと、井上陽水の歌じゃないけど、ホントに探し物ってのは探してる時には見つからないのね怒りもぅなんでなん!!

同じように感じてる人いませんか!?
たいしたもんじゃないねん。家を出なきゃいけないのに鍵が見つからない、CDかけようとしてリモコンが見つからない、宿題しようとしてプリントが見つからない、字を消そうとして消しゴムが見つからない、ないないない!!

要は日頃から片付けろよっていう話なんだけどダッシュでも、探してない時に「ここにあった!」みたいな感じで出てくるのです落ち込みえー今出てこられても・・って突っ込みたくなります。皮肉です。

ちなみに今TVリモコン探し中ロケット

783ee96f.jpg


いやんなっちゃう





at 23:05|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 思うこと 

2007年06月23日

『ベロニカは死ぬことにした』

「なんでもあるけどなんにもない。
この人生に退屈したわ。だから死ぬことにしたの。」


映画、『ベロニカは死ぬことにした(Veronika Decide Morrer)』。世界120カ国以上で翻訳されているパウロ・コエーリョの作品が元になっていますヒヨコ

若い女性トワは自殺を試みるけど、死ぬことができず。あるサナトリウム(精神病院)で目が覚めて、物語は進んでいきます。医師から「あと1週間の命」と言われて、彼女の中にある感情が徐々に生まれていく・・・

主演の真木よう子が熱演しています。『ゆれる』でも注目されている真木さん。美人で妖艶で役にはまっています。

その他、吹風ジュン、中島朋子、市村正親、荻野目慶子、そして韓国人俳優のイ・ワンなどなど豪華キャストが勢ぞろいキラキラ個人的には何でイ・ワンなんだろう?という疑問はあるけど、まいっか。

この一番上の言葉が胸に響きました。
「なんでもあるけど、なんにもない」うん、わかる。わかってしまう。

物質的には何不自由ない日本で、何で自殺者が多々いるのか。
きっと、この「なんにもない」っていう感情が発端になってるんじゃないかなって考えてしまう。

このサナトリウムでは色々な患者がいる。一見、「狂」としか感じられないけど、話が深まるにつれそれぞれの思いが映し出されてきて、切なくなります悲しい

ちなみに全然悲しい映画ではありません!むしろわたしは元気をもらいました。最後の一言(吹風ジュンのセリフかな?)がとても印象的でした。

日々の生活が意味のあるものに感じられる一作品です。何だか原作も読みたくなりました。あと、パウロ・コエーリョも!
興味ある人はぜひ観てみてください電球

00c5a761.jpg


このシーンめっちゃ好きラブ
この作品★★★★☆(星4つ)です。



at 09:09|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Movie 

2007年06月21日

ちょっと摩訶不思議な数字

326という数字。
何だと思いますか??

この数字、このブログ『来る未』のある1日のアクセス数です注意
326って・・・並大抵の数字じゃないんだけども・・・
何かの間違いなんだろうかはてな

1日平均50くらいのアクセスで(見に来てくださってありがとうございます笑顔)今までの最高値が116アクセスだったかな。

だ・か・ら、326なんていうのはありえないのですっびっくりびっくりってかそんな知り合いおらんし(笑)

それだけ見て下さってるって考えると嬉しいこど、なんだかちょっと摩訶不思議すぎて奇妙です。あー何かの間違いだといいんだけれど。あー謎だ・・

以上、独り言でした。


e5ea8faf.jpg


どーでもいいことなのに、気になりマス


at 22:17|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ちょっと聞いて欲しいこと