2006年08月

2006年08月24日

ゲド戦記

ことばは沈黙に
光は闇に
生は死の中にこそあるものなれ
飛翔せるタカの
虚空にこそ輝ける如くに


映画館に足を運んだのはいつぶりだろう?久しぶりに観た映画は『ゲド戦記』。賛否両論のあの話題のジブリ作品ですウサギわたしの評価は5つ星中、星3つやわ。ストーリーは面白かった。一度も時間を気にすることなかったから、かなり引き込まれてたんだと思う足跡

ただ何が気になったかというと、オリジナリティに欠けてたことダッシュこの作品を観ている間、ナウシカ、千と千尋の神隠し、ロード・オブ・ザ・リングが頭の中をよぎった。つまり、連想できてしまう=新しさというのがイマイチなかったかなダメ

あと原作を読んでないからわからないけど、かなり割愛したストーリーになってるらしいから、一般的に見て結構バッシングを受けてるのかもね。あれだけ長いストーリを2時間で収めるのはムリって言っちゃムリだよはさみ原作者のアーシュラーさんもかなり批判してるとか笑顔汗吾朗ドンマイだね(笑)

でも、メッセージ性は伝わったよ。まー、あれだけ露骨に言ったら伝わるに決まってるけど。一緒に行った友人もまずまずの評価犬ただずっと「絵が~」って言ってたけど(笑)確かに見栄えの良くない箇所は何個かあったけど、わたしはそこまで気にならんかったョメガホン

わたしは観る価値はあると思うよん。ま、ジブリ作品は無条件で観たいもんどすまるでも原作も読みたいな本ちなみに『ゲド戦記』は世界三大ファンタジーの一つって知ってた??残りの2つは『ナルニア物語』『指輪物語』なんだってさスノボー

92f9abc6.jpg


観終わった後、声の出演の豪華さに結構ビックリ(笑)


at 01:45|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Movie 

2006年08月19日

ベストスポット

京都は何かとイベントがある電球
全国からわざわざ観光客が来るけど、それを日常の一環として見られるのが何とも贅沢だキラキラ

16日は『五山送り火』だった。
(何だそれ?と思った人はhttp://www.kyotonp.co.jp/kp/koto/gozan/dai.htmlを参照してーな。)京都の山々に「大」「妙」「法」を始め、舟形や鳥居の焼きが現れる炎 ちょうど母親が来ていたから、バイトをムリ言って遅らせてもらってしばしこの精霊送りを堪能した。

去年は清水寺に行って、「大」の字を見たなぁ~。人が多くてなかなか見れなくって汗でも今年はベストスポットを見つけましたOK
ウチの大学の屋上なり音符混んでると思いきや、そうでもなく5個すべて見られるという何ともステキな経験をしたよ。

2941d412.jpg




←これは
「妙」と「法」。
点火の瞬間を目撃びっくり



      
 でもってこれが舟形。
     ↓
62e17e1e.bmp







ウチの大学は京都御所の隣にあるため、京都市内の中心になるのです。御所を中心にこの五山送り火は見られるみたい。だから屋上からはばっちり見られるんだねまるでも鳥居型だけ見られないんだ。高い建物が増えて視界を遮られてしまってさ悲しい残念。

何だかんだで京都学生ライフもあと1年ちょいダッシュ色々なところに足を運んで行きたいな。



at 21:52|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote つれづれに 

2006年08月16日

本物は

昨日、バイト先のお客さんに言われたこと

「本物は主張しないのよ。」


確かにそうなのかもしれない。

ニセモノの方が「自分はニセモノじゃないよっ」って

主張してみたりするのかも。

本物というのは、他と比べてみて初めて、

その価値に気付くのかもね。

そんなキャリアウーマンさんからの一言ででした。


9ac2f45a.jpg


at 11:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 伝えたいこと 

2006年08月10日

"to U"

今日は早起きしたから気分がいい朝日
今日は今毎日聞いてる音楽の紹介。

89212ecc.jpg


Bank Bandの"to U"です。↑がジャケット。収容曲は「to U」、
「生まれ来る子どもたちのために」、「to U(Piano Version)」の3曲。ゆったりと時が流れるような音楽で。家にいる時はずっとずっと聞き流してる譜面

これはBank Band初のオリジナル楽曲で、作曲は小林武史、作詩は櫻井和寿。
タイトルの"to U"の"U"は"You"と"Universe"のダブルミーニングで曲の世界観の大きさ、そのメッセージが個人レベルまでに浸透していくストーリーを極端に表しているそう電球

ここで気になるのが、一緒に歌っている女性ウサギ名前は「Salyu(サリュ)」という人。プロフィールは未公開なため、25歳の日本人歌手っていうことしかわからないみたい。心に染み入る声です。

当初は単独でSalyuが仮歌を歌ってたけど、後に櫻井さんが歌詞を加え、自らもボーカルに参加し、「Bank Band with Salyu」という名義で発表されたん拍手

ちなみに「筑紫哲也NEWS23」のテーマ曲にもなってるって。
とてもメッセージ性があって、希望のわく音楽だわラブ
ぜひぜひ聴いてみてきださいな。

be9db765.bmp


希望の「芽」が生えるかもよキラキラ


at 08:28|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote Music 

2006年08月08日

支える≒おんぶ

「ぴでこ、体重何キロ?」サル
「言えないに決まってるし!」
「よし、おんぶしよう」サル

と急に言い出し、戸惑ってる間にいきなりおんぶをし始めた(笑)
おんぶとかホント久しぶりだし、きゃーきゃー言いながら、振り回されてた笑顔汗

何かと思ったら、
「ちゃんと支えられるよ。あと100mはいけるや」
との一言。

精神的にだけでなく、体力的にも支えられるという発想と、それを行動に移すところが本当にウケる。

そうやって、笑わせてくれるところが彼の持ち味なんだろうな。
でも、すごく嬉しかったわ。

多くの人に支えられていると実感する今日この頃です。
6e653630.jpg


そして、決してひとりではないと。


at 22:13|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ちょっと聞いて欲しいこと