2005年12月

2005年12月30日

わたしの後輩

「自分の持ってる時間の中で、そのことに全力で取り組むことが大切なんですよ。」

弱冠19才の彼は、静かにでも熱く語ってくれた。一日24時間。誰にでも平等に与えられているはずの時間。それでも、睡眠に、食事に、趣味に・・・なんて費やしていくとだんだんと使える時間はなくなっていく走る

そこから引き起こる問題にわたしは悶々としていた。その葛藤をちらっと彼に話してみたら、彼は真剣に答えてくれたんだ。上の言葉をかけられたとき、不覚にも目頭が熱くなった。ただ、普通に、それでいいんだ、と思えるようになった。

限られた自分の持ち時間の中で、いかにそのことに全力で取り組めるか。単純なことなのに、とても難しいダッシュ正直、わたしはそれが今できていない。そのことに、全力で取り組んでいない・・・だから後ろめたく感じるのかも。客観的に言われて、気づかされた。

彼は、とってもステキな人。どんなって?だって、自分の今までの生き方に誇りを持ってるから力こぶそれでもいろいろな経験をしてきたんだろうな~って感じる。そして、結構なワルだったんだろうなーとも思う(笑)だからこそ、あれだけ強く語れるんだろうと思うわヒヨコ

とにかくお礼を言いたくてさ。
ありがとう。
dd9297c0.gif


そして、みなさん、良いお年を・・・キラキラ


at 01:20|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 感じること 

2005年12月27日

12月25日

年に一度、クリスマスの日にわたしはアメリカのホストファミリーに電話をする。

かれこれ、わたしが留学した時から3年が経つ。筆不精なため、手紙とか書かないけど、年に一度は連絡する熱帯魚時差15時間を考慮して、今朝電話をかけた。ホストマザー、ファーザー、シスター、グランドマザーと久しぶりに話した。あー、わたしもかつてはこの場所にいたんだなって考えながら、電話を切った後、しばし放心状態になってしまった。

留学は7:3でツライことの方が多かったなぁ。中には思い出したくなくって、心の中でフタをしちゃって記憶から消そうとする思い出も、
ある。その多くがこのホストファミリーとの関係なんだ。とてもいい家庭だった。でも、わたしはとても苦しんだ。思い出すと胸がチクッとするような、思わず顔をしかめてしまうような、そんな過去がわたしにはある。

今から考えても、どれが最善のやり方だったのか、わからない。
18歳のわたしは、その時必死に生きていた。それでも、今から考えるともっとああしておけば良かった・・・と悔やまれることが多々ある。

そんなことを、電話後に考えていた。でも、みんなの嬉しそうな声を聞いていると、何だか救われる。3年経って、ホストファミリーもわたしも変わった。苦い過去を切り離すのではなく、これからもいっしょに引きつれて、消化して、いつかまたアメリカへ帰りたいと思う。

すべての人にとって良いクリスマスでありましたように。
Happy Merry Christmasキラキラ

94fbf95e.jpg


at 00:40|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 今日の出来事 

2005年12月23日

偶然<必然??

この世で不思議に思うこと。それは「人との出会い」だヒヨコ

いつも訳もなく会っている人とだって、考えてみればスゴイ確率で出会っているんだと思う。あの時、あっちの道を選んでたら・・絶対に出会ってなかっただろうなって人はたくさんいる。

別に神さまの存在を信じている訳ではないけど、時々、偶然ではなくて必然的に、あるいは知らない第三者の力で出会ったんじゃないか、って思えるような人も中にはいるんだ星

今日久しぶりに、高校の同級生と電話で話した。
わたしは帰省したら、どんなに忙しくっても彼女だけには会う。お互い会う時間なんてあまりないんだけど、なぜか不思議と繋がっている(ようにわたしは感じる)。言葉ではうまく説明できないけど。彼女と仲良くなったきっかけも、高1のクラスの「席替え」でたまたま席が前後になったから(笑)そのとき以来、今も相変わらず仲良いサル

でも、お互い正反対の性格。わたしは男っぽくさばさばしててるけど、彼女は女らしくてうじうじする時がある(笑)なのに馬が合う。。きっと価値観が同じであったり、相性もいいんだろうな。

人との出会い、付き合いは「なるようになる」んだと思うな。ムリするもんじゃなくって、自然とできてくるもの。面白いわ、ホント。


fe9b9f37.jpg



at 18:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 思うこと 

2005年12月20日

わたしと商学部

なぜかわたしの周りは商学部の人が多い犬

今年に入ってから10人弱の商の人と知り合いになった。友人にも商の人が結構いる。わたしの父ちゃんも商学部の人だし電球5251172d.gif


わたしは英文科じゃなかったら、きっと商学部に行ってたんだろうなーと思うことがしばしばある。内容面白いし、実際に授業をとっても興味深かったメモもちろん、英文科であることこの上なく幸せに思っているし、誇りに思っているけど。

そんでもって、今日も3人の新しい商の人と知り合いになった。3人とも魅力のある人だ。商学部と縁&相性がいいのかな?摩訶不思議なり。

エルモかわいい。でもこれはやっぱウザイかも・・・

at 23:47|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2005年12月17日

こころの働き

人には4つの「こころの働き」があるんだって。

?抑え込む:良くないことを自分の内側に抑え込んで、一時的に忘れる

?逃げる:追い詰められてることから逃げることで、安心感を得ようとする

?変える・換える:その状態を直視せず、別の理由をつけて不快感をなくそうとする。八つ当たり、言い訳、負け惜しみなど

?受け入れる・取り入れる:相手と同化することで、不安や不快感を解消すようとする。みんなやってるし、いいや~みたいな。

これらは前に話した「EQコーチング」で教わったことの続きメモ
何かと物事はこの4つに分類されてるなって振り返ってみると思う。例えば、授業に出たくない時・・・「今日はしんどいし、他にやらなきゃいけないことあるから、休んでもしょうがない。」とかって何かと理由をつけて、自分を納得させていることが、わたしはよくある。これは明らかに?やねダッシュ

「言い訳」。わたしが最もキライな行為の一つだけど、それを知らず知らずのうちに自分もしていた落ち込み最近、忙しくって・・体調悪くって・・だからできないの、みたいな。そんな自分に腹が立つ怒そんなん、もっと時間をうまく使えばできるはずだし、何事もできないことはないと思う。要はこころの持ち方なんだろうな。

わたしは特に最近、周りの人に迷惑かけてるなって思う。もっとしっかりせなねびっくりこの場を借りて謝ります。
ごめんなさい。

f61d08db.jpg


at 21:51|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote